sarコマンド


UNIX、サーバー系

sarコマンド

概要 コマンドの役目
sarコマンドではサーバの負荷状況を表示します。
負荷テストをする際にバックグラウンドで実行すると負荷状況を取得できます。
オプションで、CPU使用率、ディスクI/O、ネットワーク利用量、swap量、使用メモリ量、
空きメモリ量、ディスクアクセス量などを取得できます。 ボトルネックの特定に役立ちます。

基本編 使用頻度が高い引数の説明
% sar 1 2 ・・・1秒おきに2回CPUの使用状況を表示する
20:07:40 %usr %sys %wio %idle
20:07:41 0 2 0 98
20:07:42 1 6 3 90
Average 0 4 1 94

% sar -c 1 1 ・・・システムコールの量を表示
20:49:06 scall/s sread/s swrit/s fork/s exec/s rchar/s wchar/s
20:49:07 9049 2389 308 1.98 2.97 6074413 270055

% sar -p 1 1 ・・・ページング状況を表示
20:39:51 atch/s pgin/s ppgin/s pflt/s vflt/s slock/s
20:39:52 0.00 0.00 0.00 3.96 9.90 0.00

% sar -r 1 1 ・・・空きメモリ、空きswapを表示。単位はpagesizeです。
20:52:34 freemem freeswap
20:52:35 2635678 73726860

% sar -w 1 1 ・・・swap量を表示
20:37:08 swpin/s bswin/s swpot/s bswot/s pswch/s
20:37:09 0.00 0.0 0.00 0.0 4517