VTP


ネットワーク

VTP(VLAN Trunk Protocol)

  • VTPとは?
    複数のスイッチで構成されるスイッチドネットワークでは、
    スイッチ間のVLAN情報の交換が重要になる。
    VTPとは、 スイッチで設定されている全てのVLANを管理し、
    ネットワーク内におけるVLAN情報の一貫性を維持するプロトコル。
    VLAN情報を共有する範囲をVTPドメインという。
    ただし、1台のスイッチが複数のVTPドメインに参加することはできない。
    また、1つのVTPドメインの中では、それぞれのスイッチが
    トランク接続されている必要がある。
    トランク接続のプロトコルは、ISLとIEEE802.1Qをサポートしている
  • VTPの動作モード
    VTPドメインが設定されている場合は、スイッチは
  1. サーバーモード
  2. クライアントモード
  3. トランスペアレント(透過)モード
    のいずれかで動作する。
  • サーバモード
    サーバーモードでは、
    VLANとその他のその他のコンフィグレーションパラメーターの作成、変更、削除が可能。
    サーバーモードでVLANに関する設定を変更すると、
    その情報は管理VLAN(VLAN1)を経由して他のサーバーにアドバタイズ(通知)される。
    また、他のスイッチからアドバタイズされた情報を受け取って、 それを別のスイッチに転送する。
    サーバーモードのVLAN情報は NVRAMメモリに保存される。
    CatalystスイッチのVTP動作モードは デフォルトでサーバーモード。
  • クライアントモード
    クライアントモードでは、 VLAN情報の作成や変更、削除ができない。
    自身からはアクションを起こさず、サーバーからの情報を受け取るだけのモード。
    クライアントモードでは、他のスイッチからアドバタイズ(通知)された情報を受け取って同期し、
    それを別のスイッチに転送する。また、クライアントモードでは、
    VLAN情報がNVRAMメモリには保存されない。
    再起動時には、VLAN情報の要求をアドバタイズして、VLAN情報を収集する。
  • トランスペアレント(透過)モード
    トランスペアレント(透過)モードでは、 VLAN情報の作成や変更、削除ができるが、その情報を他のスイッチにアドバタイズ(通知)しない。
    また、他からのVLAN情報を受信した場合も、
    転送は行うが同期は取らないVLAN情報が透過していくため、
    トランスペアレント(透過)モードという。
    トランスペアレントモードでは、自分が作成したVLAN情報のみをNVRAMに保存する。