プロセッサ メモリ パリティ エラー(PMPE)


プロセッサ メモリ パリティ エラー(PMPE)

  • 次のメッセージは、すべてシステム内のどこかで不正なパリティが検出されたことに関連しています

show version でのメッセージ:

System restarted by processor memory parity error at PC 0x6014F7C0, address 0x0
または
System restarted by shared memory parity error at PC 0x60130F40

ソフト パリティ エラーとハード パリティ エラー

  • パリティ エラーには、次の 2 種類があります。
  1. ソフト パリティ エラー:チップ内のエネルギー レベル(例えば、1 またはゼロ)が変化すると発生します--ほとんどの原因は宇宙線です。 CPU がこの値を参照すると、システムがクラッシュするか(リカバリ可能でない領域にエラーが存在する場合)、または他のシステムをリカバリさせるか(例えば、パケット メモリー(MEMD) 内のエラーの場合は、CyBus? complex の再起動)のどちらかが発生します。 ソフト パリティ エラーの場合は、ボードやコンポーネントなどを交換する必要はありません。
  2. ハード パリティ エラー:データを破損させるようなチップまたはボードの障害がある場合に発生します(ほとんどの場合はハードウェアそのものに欠陥があるわけではありません)。 この場合、問題のあるコンポーネントを差し直すか、交換する必要があります。通常は、メモリ チップまたはボードの交換になります。 同一アドレスで、何度もパリティ エラーが発生する場合は、ハード パリティ エラーが発生していると言えます。 さらに特定が困難で複雑なケースもありますが、一般的には、比較的短期間に特定のメモリ領域で 2 回以上パリティ エラーが発生したら、ハード パリティ エラーであると考えられます。