AviUtlプラグイン一覧 / サイト別 / Sylvarant


Sylvarant

  1. サイトトップページ…http://lss.ath.cx/%7Eiwarin/WebArchive
  2. ブログ…http://iwarin.blogdns.com/WebArchive
  3. 配布ページA(再配布)…http://www40.atwiki.jp/aviutl41991/pages/69.html
  4. 配布ページB(再配布)…http://resic.laburec.net/
  • AviUtl入力マルチスレッド化プラグイン  作者/いわりん氏  配布サイト/Sylvarant
    • アーカイブ内最終更新日/2006-06-02  Ver./1.0  アーカイブ(配布)ファイル名/入力マルチスレッド化プラグイン Ver 1.0.zip(配布ページA)
      • 更新内容/大幅に機能拡張。メジャーリリース。 (1)キャッシュフローを正式にLRU機構に変更。 (2)シーケンシャルのキャッシュヒット率向上。 (3)非同期リクエスト中のリクエストレスポンスの向上。 (4)メモリ転送を64bitアクセスへ変更・高速化。 (5)すべてのAviUtl入力プラグイン(*.aui)に対応。 (6)メモリ不足エラーのチェックを強化。 (7)同期ミスで落ちるバグを修正。
    • 初期ファイル名/mth.aui  単体更新日/2006-06-02  AviUtl対応Ver./?(動作確認/0.99i8)
    • メニュー内プラグイン名/(高速化した任意の入力プラグイン名)【スレッド並列化】  Ver./?  表示場所/入力プラグイン優先度の設定
    • 追加入力フォーマット/(高速化する任意の入力プラグイン次第)
    • CPU高速化命令利用/?  CPUマルチスレッド高速化利用/○  GPU利用/?
    • 必須ファイル等/【別途】(高速化したい入力プラグイン)  「Plugins」フォルダ内動作/○
    • ソース公開/×  取説同梱/readme.txt  解説ページ/?
    • 制限/【アヤメ氏より情報提供,2009-08-02】『追加読み込み、連番読み込みは正常に動作しません。』
    • 詳細/
    • 詳細[by管理人]/【同梱txtより】『AviUtlの入力プラグインを別スレッドで先読みデコードし、並列動作とキャッシュ化を実現するプラグインです。デコード処理が重いソースほど、高速化の効果が顕著に現れます。 ※DualCPU、HyperThreadingなどのマルチスレッド対応の環境で使用してください。1CPUだと全く効果が無いばかりか速度が低下します。 ※先読みキャッシュでメモリを消費しますので、十分なメモリが搭載されていない場合はパフォーマンスがかえって低下する恐れがあります。』
      【アヤメ氏より情報提供,2009-08-02】『追加読み込み、連番読み込みは正常に動作しません。』
       導入の際には付属テキストを熟読のこと。
  • 音声位置ずれ幅自動補正プラグイン  作者/いわりん氏  配布サイト/Sylvarant
    • アーカイブ内最終更新日/2004-01-25  Ver./0.1  アーカイブ(配布)ファイル名/aadjust.zip(配布ページB)
      • 更新内容/公開。
    • 初期ファイル名/aadjust.auf  メニュー内プラグイン名/音声位置ずれ幅自動補正  表示場所/フィルタ&設定(音声)
    • AviUtl対応Ver./(0.98d、0.99h4で動作を確認)  GPU利用/?  CPU高速化命令利用/?  CPUマルチスレッド高速化利用/?
    • 必須ファイル等/×  「Plugins」フォルダ内動作/?
    • インターレース対応/?  拡張編集plugin対応/?  YUY2フィルタモード対応/?
    • 制限/?
    • 取説同梱/aadjust.txt  解説ページ/?  ソース公開/×
    • 詳細/
    • 詳細[by管理人]/“AviUtl標準で搭載されている音声位置補正はフレーム単位で編集するようになっているため、フレーム単位より細かい編集が出来ないという問題があります。このプラグインは音声の位置調整を1msec単位で行うことが出来ます。” “「音声ファイル名より補正幅を自動取得」をONにすると、ファイル名に記述されている遅延幅表記を取得してパラメータに自動セットします。” (0.99h4および0.98dで動作を確認できず…。)
      【再配布主のPOP様が添付したtxtより(ありがとうございます)】

      ■使い方:

      //動作
      AviUtlのルートまたは直下のPluginsフォルダにて動作します。
      AviUtl 0.98d および 0.99h4 にて動作確認済み。
      
      //使用する際の注意点
      VFAPI、DirectShow File Reader、Avisynth Script File Reader など、
      「入力プラグイン」経由で読み込んだ映像にWAVを音声読み込みすると、音声を1ms単位で調整できます。
      
      AVIコンテナなど、通常ファイル読み込みにて展開された映像や、
      コンテナに映像と音声がmuxされた動画である場合、当プラグインは動作いたしません。
      
       使用例1.
       DGIndexのd2vファイルを読み込んでからwavファイルを読み込んで音声を調整する。
       使用例2.
       Avisynth Script File Readerで映像を読み込んでからwavファイルを読み込み、音声を調整する。
      
      ファイル末尾にディレイ記述がある場合、ディレイを読み込みと同時に自動設定することが可能です。
      詳しくは当プラグインのテキストを参照ください。

メニュー

AviUtlプラグイン

AviUtlマニュアル

更新履歴

最新の30件

2021-05-19 2020-11-23 2017-04-27 2011-01-12 2010-12-16 2016-09-04 2010-12-16 2016-07-01 2011-01-12 2010-12-16 2011-01-22 2011-01-12 2010-12-27 2016-11-27 2016-09-04 2015-12-24 2014-07-25 2014-07-20 2014-07-18 2014-07-14 2014-03-26 2014-03-09 2014-02-17 2014-02-15 2013-08-24 2013-07-08 2013-02-28

  • counter: 6264
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 2