AviUtlプラグイン一覧 / サイト別 / 中部大学パーソナルコンピュータ研究会


中部大学パーソナルコンピュータ研究会

  1. 配布ページ…http://ruby.isc.chubu.ac.jp/%7Ep-ken_spp/2k03/2003-01.htmlWebArchive
  2. 配布ページ(再配布)…http://www40.atwiki.jp/aviutl41991/pages/66.html
  • ぷらいばしーぷろてくと  作者/Taka氏
    • 最終更新日/2003-06-25  Ver./0.01  配布(圧縮)ファイル名/ぷらいばしーぷろてくと for AviUtlPlugin.zip
      • 更新内容/初公開?
    • 初期ファイル名/PPAPV.auf  メニュー内プラグイン名/ぷらいばしーぷろてくと for AviUtl Plugin <ビデオ>  表示場所/フィルタ&設定、インポート、エクスポート
    • AviUtl対応Ver./?  GPU利用/?  CPU高速化命令利用/?  CPUマルチスレッド高速化利用/?
    • 必須ファイル等/×  「Plugins」フォルダ内動作/○
    • 対応解像度/?  インターレース対応/?  拡張編集plugin対応/?  YUY2フィルタモード対応/?
    • 制限/10000フレーム未満の映像にのみ対応。
    • 取説同梱/readme.txt  解説ページ/?  ソース公開/×
    • 詳細/
    • 詳細[by管理人]/“テレビなどでよく使われる,モザイク等を再現するものです。” “手抜きのため,10000フレーム以上の動画ファイルについてはこのプラグインが働きません。もし,10000フレーム以上のファイルにこのフィルタを使いたいときには10000フレーム未満に分割してから使用してください。” 指定領域(範囲?)に対して「代表値(四角モザイク)、ぼかし、黒塗り、反転」効果をかけられる(組合せ可)。まず「width、height」を広げ、チェックボックス下4つのどれかを有効にすると、動作が確認できるはず。「write」をうまくオンオフすることで、全パラメータ(位置、大きさ、種類、etc)をフレーム単位で変更でき、またそれを記録できるのが特長? “AviUtlのファイルメニューの「エクスポート」及び「インポート」で、エフェクトの設定状態のセーブとロードができます。自動ではセーブされないので注意してください。”

メニュー

AviUtlプラグイン

AviUtlマニュアル

更新履歴

最新の30件

2021-05-19 2020-11-23 2017-04-27 2011-01-12 2010-12-16 2016-09-04 2010-12-16 2016-07-01 2011-01-12 2010-12-16 2011-01-22 2011-01-12 2010-12-27 2016-11-27 2016-09-04 2015-12-24 2014-07-25 2014-07-20 2014-07-18 2014-07-14 2014-03-26 2014-03-09 2014-02-17 2014-02-15 2013-08-24 2013-07-08 2013-02-28

  • counter: 936
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1