準備


Audio Unitsとは

  • Apple社の提唱するオーディオエフェクト/シンセプラグイン規格です。
  • 音楽制作に使用する、エフェクト/シンセなどを、プラグインとして独立して開発し、対応ホスト側からプラグインを呼び出す事によって使用できます。単独では動作しません。
  • その代わりプラグインを一つ作れば、AUに対応したすべてのホストに、再利用する事が可能です。
  • よく似た物に、Steinberg社の規格、VSTなどがあります。

AU開発に必要なもの

準備中、とりあえず大まかに

  • ある程度の音響処理が可能な性能を持つMac
    それほど大した処理をしないならば、Mac OSXがそこそこ快適に動く程度で十分。
  • Mac OSX
    Audio UnitsはMac OSX上でのみ動作する機能なので、これが無いと使えません
  • 開発環境(Xcode)
    プログラミングや、コンパイル、デバッグなど、処理の中核です。
    Macを買えば付属しています。
  • AUホスト
    作ったプラグインを、テストしたり、実際に使用したりする為に必要です。
    あらかじめテスト用に、AU Labというものが付属しています。
  • Core Audio SDK
    何から何まで1から作る必要はありません。AUを作るにおいて、ある程度一定した機能は、ここにあらかじめ準備されています。
    AppleのDeveloperサイトにログインすると入手できます。
    この辺はまた詳しく書くべきかな。

こんなサイトを見ているのですから、恐らくほとんどの「あなた」は、Macをもう持っているのでしょう。
そして、おそらくはMac OSXを通して閲覧しているのではないでしょうか。つまり、Mac OSXをある程度快適に使用しているという事なんでしょう。

そうなれば、あなたがこれからAUを開発する上でかける資金は、何もありません。
まだ入手していないものも、それらを入手する為に必要な条件はすべてそろっています。
つまり、AU開発は、Macを購入する事以外、全て無資金で行う事が出来ます。

AU開発に必要な知識

  • 準備中、とりあえず大まかに
  • プログラミング
    開発は当然プログラミングによって行うので、最低限必要
  • C++
    AUの処理部分はC++言語によって行われているようだ
  • DSP
    オシレーター、フィルタ、などをプログラムによって構成する為、それらのデジタル信号処理に関する知識
  • AU規格
    自作のDSPプログラムをAUプラグインとして使用する為には、最低限AUの規格通りに乗っ取っている必要がある。
    その仕様に関する知識

目次

  • 準備
  • AU開発入門
  • 開発例

最新の15件

2014-11-04 2010-03-12 2009-06-06 2006-09-22 2006-08-16
  • 準備
2006-08-11 2006-07-31

  • counter: 889
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1