用語集


用語集

基本的なシンクロニカの用語

バンダイナムコエンターテインメント

  • 言わずと知れた有名なゲームメーカー。
    • 2006年にナムコのゲーム部門とバンダイのゲーム部門が統合され、「バンダイナムコゲームス」になった。
      • 英名は以前は「NAMCO BANDAI Games Inc.」とナムコ側が先に書かれていたが、2014年に「BANDAI NAMCO Games Inc.」と日本名と同じになった。
    • 「バンナム」と略されることもある。
    • バンダイナムコホールディングスの完全子会社である。
  • 2015年4月1日に現在の名前に変更された。

AC

  • Arcade Computer(アーケードコンピュータ)の略。いわゆるアーケード版(業務用)「シンクロニカ」を指す。
    • 筐体(きょうたい)の場合はAC本体を指す。

ロケ

  • ロケーションの略。業界用語でゲーム機を設置している場所、店のことを指す。
    • 要するに「(シンクロニカがおいてある)ゲームセンター/ゲームコーナー」のこと。
  • また、開発中のゲームを一般公開し、ユーザーから直接意見をもらいゲーム調整を行うことを「ロケーションテスト」(ロケテスト、ロケテ)と言う。

シンカー、シンクロニスト

  • シンクロニカのプレイヤー。
    • 一般的に広い意味で使われ、シンクロニカを始めたばかりの初心者からスゴ腕の上級者までひっくるめてこう呼ばれる。

シンクメイト

  • シンクロニカのフレンド。
  • 初めてフレンドを作ってプレイすることによって得られる称号の名称。

SN

  • 「スコアネーム」の略。曲別・総合の得点が上位に入った時に入力できる名前のこと。
    • あるいはシンクロニカをプレイするにおいて、自分が名乗っている名前のこと。ハンドルネームと同じ場合もある*1
    • 10文字まで入力可能。バナパス使用時にのみ名付ける事ができ、未使用でプレイした場合は右側が「Player R」、左側が「Player L」になる。
      • 一度決めた名前はシンクロニカラウンジで何度も変更することができる。
    • 「ああああ」といった適当すぎる名前や放送禁止用語など、入れられない名前は意外と多い。

クレ

  • クレジットのこと。1プレイに必要な価格及びプレイできる曲数は店舗によって異なる。
    • 出荷時のコインシューターは100円玉用で、曲数は1〜3曲の間で調節可能。
      • 初心者応援キャンペーンで100円4曲設定になったことがある。
    • いまのところ100円2クレなどの設定はできない。
    • 単価表は下記の通り。(100円玉用コインシューターが使われている筐体での表記とする)
1曲2曲3曲4曲
200円200円100円66円50円
100円1クレジット100円50円33円25円
  • 店舗によっては時間・曜日等限定でフリープレイ(=無料開放)設定になっていることもある。

ランカー

  • ランキングの上位に常駐するプレイヤーのこと。ランキングを表す「rank」と人物を表す「-er」を合わせた和製英語。
    • シンクロニカに限らず様々なゲームで用いられる表現である。
 

マナー違反

連コ

  • 連コイン。ひとりが連続してコインを入れてそのままプレイし続けること。
    • 言うまでもなくマナー違反である。待ってる人がいたら交代すること。
    • また、プレイ後には周辺を見て待っていそうな人がいないかを確かめることが望ましい。

回しプレイ(無限ループ)

  • 複数人が筐体を占拠し、そのグループ内で交代しながらプレイすること。
    • 相手が複数いるので、連コよりも質の悪いマナー違反である。そのグループ外で待ってそうな人がいればその人を優先してあげよう。

リザルト放置

  • 自分の結果の発表画面をそのままにして去ること。
    • 主に、最後の曲のResultやTotal Result以降をそのまま(放置)にすることである。
  • 次に並んでいるプレイヤーがスムーズにゲームを開始できない為、問題となっている。
    • 次に並んでいたプレイヤーが連コをしている、と一部始終を見ていない人に誤解されるケースもある。
  • このゲームにはこの行為を容認しているプレイヤーも少なくないが、トラブルを避けるためにもなるべくリザルトは最後まで処理すべきだろう。

無反応

  • タッチしても認識されない事。
    • ゲーム起動時に画面上に物がおいてあるとなりやすい。

新筐体

  • 暴発や無反応、理不尽な判定が酷い筐体の事。
    • 近々、新筐体のタッチパネル周辺の修正が入るらしい。*2
 

判定に関する用語

Perfect

  • ノーツをジャストタイミングでタッチした時の判定。
    • コンボは継続し、%ゲージの伸びが最も良い。
    • スコアは10点。
    • 普段気にすることのないくらいのわずかな誤差の範囲ならPerfectになる。

Great

  • ノーツをややジャストタイミングを外したところでタッチした時の判定。
    • コンボは継続する。
    • スコアは8点。

Good

  • ノーツを結構外したタイミングでタッチした時の判定。
    • スワイプ、フリックでかすったり、タッチしただけだと灰色のGoodになる。
    • コンボは継続する。
    • スコアは4点。

Fast/Slow

  • タッチしたタイミングが大きくずれていた、またはノーツを見逃した時の判定。点数は0点。
    • コンボが0に戻る。
    • %ゲージや点数が下がることはない。
    • 音符を間違えて叩いたり、音符を叩かずに見送るっても判定は表示される。
    • リザルト画面にて、Fastの場合は黄色、Slowの場合は赤色のマーカーが%ゲージの下側に塗られる。
      • これはGreat/Goodも表示される。

BREAK

  • ホールド、ムーヴで一定時間(2拍)タッチしないとこの判定になり、コンボが切れる。
    • %ゲージや点数が下がることはない。

Rezonated

  • 一度もGreat・Good・Fast/Slow・BREAKを出さず、全ての音符をPerfectでフルコンボすること。
    • ランクは略して「Rz」と表記される。
    • 公式ツイッターより以下のように述べられている。
      • 「Rzは共鳴するという意味のResonateをもじって短くしたものです。完全に演奏できた時の評価なので、音楽とのシンクロを超え、まるで共鳴しているように上手だね!...ということなんですよ(*´ω`*)」

Release Bonus

  • HOLDやMOVEを外枠が1周するタイミングで離した時に得られるボーナス。
    • ちょうど1周した時に離すと青ボーナスになる。
    • 1周する前に話してしまうと黄ボーナス、一周してもなおずっとタッチし続けると赤ボーナスとなり、青よりもボーナスが少なくなる。
    • 1周するかなり前に離してしまうとBREAKになり、ボーナスはもらえない。

%ゲージ

  • Fast/Slow以外の判定を出すことにより溜まるゲージのこと。
    • 最大コンボ数が大きくなるほど伸びにくくなる。
    • 70%でクリアとなる。

クリア

  • %ゲージが一定基準量まで到達すること。このゲームの目的である。
    • クリアノルマはすべてのコースで70%。

コンボ

  • 組合せ、結合を意味するcombinationの俗称。
    • ここではノーツを、Fast/Slow/BREAK判定を出さずに連続してつなぐことを指す。
    • 2コンボ目から表示される。
    • 50、100コンボを超えるとコンボ数の色が少し変わる。
    • コンボ数は点数、%に大きな影響を及ぼすのでできるだけコンボを繋ぐように意識した方が良い。

Score

  • 演奏によって得られるスコアと、コンボボーナス、リリースボーナスを合わせたスコアのこと。
    • 太鼓の達人と同じく、コンボ数により最終スコアは大きく変動するので注意。

Clear Rate

  • 演奏がどれほど完璧であったかを示す数値。
    • Scoreと同様に、コンボ数、リリースボーナスにより数値が大きく変動するので注意。
    • 120.0%が最大となり、「Rz」となる。
    • 115.0%以上で「AAA」となる。
      • AAAでフルコンボをすることを「鳥コン」と呼ばれる。
    • 100.0%以上で「A」となり、Lv17以上のTECHNICALの解禁に必要になる。

FULL COMBO

  • GoodやGreatに関わらず1度もFast/Slow/BREAKを出さずに演奏すること。「フルコン」「FC」などと略される。
    • これを達成すると曲が終わった時に「FULL COMBO」と画面に出る。
      • 一部の楽曲ではフルコンボするとごほうび映像が見れることがある。
    • リリースボーナスは関係しない。*3

MULTI-COMBO [#k2eb82a3]

  • マルチプレイ時にコンボ数の代わりに現れる。
    • この数値を一定以上にすることがマルチプレイの目標である。
    • ライフ1以上で上昇、1未満で減少する。

UNBROKEN COMBO

  • マルチプレイ時に、マルチコンボを1度も切らさないで演奏すること。「"UC"」などと略される。
    • これを達成すると曲が終わった時に「UNBROKEN COMBO」と画面に出る。
      • 一部の楽曲ではアンブロークンコンボするとごほうび映像が見れることがある。

FULL MULTI-COMBO

  • マルチプレイ時に、2人ともフルコンボで演奏すること。「"FM"」「"FMC"」などと略される。
    • これを達成すると曲が終わった時に「FULL MULTI-COMBO」と画面に出る。
    • 曲毎にTECHNICALでフルマルチコンボをとると得られる称号が存在する。
    • フルマルチコンボはアンブロークンコンボの集合に含まれる。

SYNCHRONICA

  • マルチプレイ時に、2人ともRzで演奏するとこ。
    • マルチプレイにおける最高評価。
  • 曲毎にSYNCHRONICAを達成すると獲得できる称号が存在する。*4
     

プレイに関する用語

初見プレイ

  • 文字通り初見(しょけん)でプレイすること。初プレイと混同しやすいので注意。
    • 「初めて見る」なので、狭義にはその曲の譜面に関する情報を持たない状態でプレイすることを指す場合が多い。
  • 聞いたこともない曲を初見プレイすることは「完全初見プレイ」ということがある。

初プレイ

  • 文字通り初めてその曲をプレイすること。初見プレイと混同しやすいので注意。
    • あくまで広義的に「初めてプレイすること」であり、譜面ページや動画で譜面を確認してからのプレイも含む。

連奏

  • フルコンボやクリアを狙って、同一難易度同一曲をプレイし続けること。これを繰り返すことで精度があがったり、曲のリズムを覚えたり、ミスした箇所を挽回できるなどの利点があるが、やり過ぎると飽きたり癖がつく可能性があるのでほどほどに。

精度

  • Perfect判定の数や割合。たくさん取ると「精度が良い」、いまいちだと「精度が悪い」という表現をする。
    • 精度がいいかについてどこが境目なのかはコンボ数や曲、プレイヤーによって大きく変わる。

グリッサンド

  • マーカーの中央をタイミングよくスライドする技。
    • グリッサンドの判定は通常よりも甘くなっているためPerfectがとりやすい。
      • だからといってグリッサンドでやりまくると大変なことになるので注意。
    • マーカーがだいぶ重なっている部分をグリッサンドでやることが多い。
      • 例えば、あめふりのロンドの重なっているところなど。

スイッチ

  • HOLDやMOVEを押し続けている間、少しだけ指を離す技。

マルチプレイに関する用語

Syncバースト

  • マルチプレイ時、画面上部にあるボタンを押すことで発動できるボーナス。
    • 発動中は様々な利点があるが1人1回までしか押すことはできない。
    • 発動したら15秒間持続する。
    • 片方が発動し、持続時間内にもう一方が発動したらダブルバーストとなる。
    • 利点は以下の通り。
      • 発動した瞬間、マルチコンボが増加する(1.1倍)。
      • Fast/Slowでもライフ、マルチコンボが減らない。
      • Syncボーナスが+1。
      • Syncボーナスが、2人の判定が完全に一致していなくてもとれる。

ダブルバースト

  • マルチプレイ時、シンクバースト中にもう片方がシンクバーストを発動させるとなる。
    • Syncボーナスが+2になる。
    • 発動時間はダブルバースト発動から15秒。
       

オプション

ミラー

  • 譜面が左右反転する。
    • 左利きの人がやりやすくなるかもしれない。
      • どの譜面も右利き用というわけではないので適度に使うと良い。

ハードジャッジ

  • Good判定がFast/Slow判定になる。
  • リリースボーナスの黄、赤BONUSがなくなる。
    • 青ボーナス(100%)のみボーナスが入る。

ストイック

  • 5ライフ制になり、ライフがなくなるとその時点で強制終了。
    • ミスするごとに1ライフ消える。
      • 上手に演奏していくとだんだんライフが増える。
    • PANDORAでは強制的にONになる。
    • フルコンや鳥コン、Rz狙いによく使われる。

セーフティ

  • シズク1つ消費
  • ライフが減らなくなる。
    • ストイックOFF時は、セーフティもOFFになる。
    • PANDORA完走前の練習に最適。
      • ただし、完走したという記録は残らない。

サウンドアシスト

  • シズク1つ消費
  • タッチ・リリースのタイミングで音が鳴る。
    • タイミングが分からないときに最適。
    • スコアは保存されない。

オートプレイ

  • シズク3つ消費
  • 文字通り、自動で演奏。
    • スコアは保存されない。
       

システムに関する用語

音のシズク

  • 一部のオプションやドリップの際に必要となるゲーム内アイテム。
  • 必要となる場面と個数は以下の通り。
    • オプション「セーフティ」1個
    • オプション「サウンドアシスト」1個
    • オプション「オートプレイ」3個
    • 完走していないPANDORAの解禁 1個
    • ドリップ 種類によってさまざま
       

曲に関する用語

詐称曲

  • さしょう」と読む。
  • 設定されている難易度よりも難しく感じる曲のこと。「逆詐称曲」と使い方を間違えないように。
    • 特に、そのレベル適正者が手を出したら危険な譜面のことを「地雷譜面」ということがある。*5

逆詐称曲

  • 設定されている難易度よりも簡単に感じる曲のこと。「詐称曲」と使い方を間違えないように。
  • 当Wikiで詐称・逆詐称などの難易度比較を伴う話題を上げることはあまり好ましくない。

隠し曲

  • その名の通り最初からは登場しておらず、様々な条件を満たすことで選曲ができるようになる曲。
    • 特定の曲を解禁してない人でも、解禁済みの人とマルチプレイをすれば、そのクレジット中に限り未解禁でもプレイさせてもらうことができる。

伝導

  • 他のプレイヤーとマルチプレイをすることによりマーカーや楽曲などを入手することができるシステム。
    • 元々はKONAMIのjubeatに存在したシステム。マッチング優先ランダムまたはローカルマッチング(シンクロニカでのマルチプレイ)で特定の隠し曲をプレイすると、即座にその楽曲が解禁されるシステム。
    • シンクロニカにおいてはネットによるマッチング機能は存在しないため、必然的に隠し曲の保持者とマルチプレイをする必要がある。
       

スコアに関する用語

天井スコア

  • その譜面で得られる最大の点数。
     

譜面に関する用語

BPM

  • 曲の速さの単位。Beat Per Minute(1分間あたりの拍数)の略。
    • シンクロニカや音ゲーのみならず、音楽分野において広く使われている用語。
    • 楽譜で表すならば(4分音符)=xxxのxxxの部分。
    • 一般に4分音符の拍数を表すことが多いが、2分音符や8分音符基準で表すものもある。

ソフラン

  • BPMが倍近く(もしくはそれ以上)に上下する事。
    • BPMを倍にしてスクロールスピードを上げる手法の元祖とされる、「beatmaniaIIDX 2nd style」の「SOFT LANDING ON THE BODY」という曲が由来。アロマが香る柔軟剤とは全く関係ない。
  • また、転じて倍以上の変化が無くともBPM変化そのものをソフランと呼ぶこともある。今となっては厳密な定義はなされていないが、速度変化のことを指すのは確かである。

変拍子

  • 5(2+3)拍子、7(2+2+3、3+4等)拍子などの単純拍子(2、3、4拍子)と複合拍子(6、9、12拍子)を足し算して組み合わせた拍子のこと。また、俗に拍子が頻繁に変化すること。
    • 音楽的に正しい用法は前者。ただし、音楽ゲームでは後者の意味で使われることが多い。

ノート(ノーツ)

  • TOUCHやSWIPEなどの音符のこと。複数形でノーツ。
  • 音楽ゲームで頻繁に使われる用語。一譜面全体で言えばノート数=最大コンボ数である。

密度

  • 音符の詰まり具合を表す単語。
  • いずれもnタッチ/秒(毎秒nタッチ、1秒あたり何タッチすることになるか)という形で表される。

コンボカッター

  • コンボの継続を阻害する難しい配置やソフランなどを指す。
    • 簡単な配置の中に極端にやりづらい配置が混じっていたりなど様々。
    • 譜面の全域が難しい配置で占められている場合は使われることが少ない。
       

ジャンル

ジャンル

  • 楽曲を曲調や目的で分けたもの。前者はロックやワルツ等、後者はJ-POPやアニメ等がある。
    • シンクロニカでは後者で分類されている。

J-POP

  • 日本国内向けに作られた楽曲。邦楽とも。
  • 映画、ドラマの主題歌、CMソングも含む。
    • 著名アーティストによるタイアップのアニメ(特に一般客層向けアニメ映画)の曲はJ-POP扱いになる例も少なくない。
  • 最新の楽曲から懐かしの曲まで幅広く含まれ、難易度も簡単な曲から難しい曲まで様々。

ボーカロイド™曲

  • ボーカロイドを使用した楽曲。

アニメ

  • •アニメ・特撮の主題歌やOP・ED曲。稀に劇中歌も含む。
    • コラボ企画により追加された曲やアイドルマスターシンデレラガールズの曲が多数。

ゲーム

  • シンクロニカ以外のゲームに使用された楽曲。
    • 太鼓の達人などナムコのゲームの書き下ろし曲は、こちらに属する。
    • ナムコのゲームのみならず、他社のゲームからも何曲か採用されている。
    • コラボ企画により追加された曲やアイドリッシュセブンの曲が多数。
  • 難易度は高めになりやすい傾向がある。
    • 全国規模競技イベント「天下一音ゲ祭」による他機種からの移植曲は、全コースの難易度が非常に高い傾向にある。

バラエティ

  • 一言では説明しがたい、文字通りバラエティに富んだジャンル。
  • 東方Projectのアレンジ楽曲が多数。

クラシック

オリジナル

  • シンクロニカに向けて書き下ろされた完全オリジナル楽曲が入る。
  • 一般的に全コースを通した平均的な難度が高い傾向にあり、中級〜上級シンカーに人気がある。
  • 特定の曲はシリーズ化されている。Rayシリーズが挙げられる。
     

その他このWikiで使われる用語

ソース

  • その情報の基になるもの。新作の疑わしい情報などはこれをはっきりさせないと信用してもらえない。「ソースは?」といえば「その情報はどこで手に入れたのか」ということを聞いている。
    • ただし、たとえソースをはっきりさせる目的であっても、他人のスコアネームを晒す行為は避けること。
       

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • コメント欄なかったので作りました -- 2018-01-18 (木) 18:55:55
  • こういう編集ミスの修正もコメントいるん? -- 2018-01-20 (土) 14:57:19
  • 単なるミスの場合はどちでも大丈夫です。(管理人) -- 2018-01-20 (土) 15:49:40
  • 単なるミスを教えてもらえると、何ミスってたのかわかって、気をつけられるって感じです。 -- 2018-01-20 (土) 15:50:33
  • 「プレイに関する用語」以降追加しました -- 2018-01-20 (土) 23:13:04
  • ↑編集がほぼ同一時間帯だな…同志よ(…誤解を招くかもしれない。このページを編集したわけじゃない) -- 2018-01-20 (土) 23:16:21
  • 編集って結構時間かかりますよねぇ(。ρω-。) -- 2018-01-21 (日) 00:14:36
コメント:

メニュー

収録曲リスト

作品別

 

ジャンル別

 

難易度別

 

コンボ数順

 

クリア難易度順(後日公開予定)

 

その他

  • 検索する #search(): You already view a search box
  • ノーツ種類順
    • TECHNICAL
      • TOUCH? HOLD? MOVE? SWIPE? FRICK?
    • PANDORA
      • TOUCH? HOLD? MOVE? SWIPE? FRICK?
  • 同時押し順
    • TECHNICAL?
    • PANDORA?
  • 特徴的な譜面?
 

クラウン

  • クラウン一覧?
 

音のアトリエ

 

イベント・キャンペーン

公式ページに飛びます。

過去のイベント

現行イベント

これから開催されるイベント

 

関連リンク

  • ほかのwikiや太鼓の達人などはこちら
 

掲示板等

 

シンクロニカについて

 

資料

 

更新履歴

最新の15件

2018-12-25 2018-12-24 2018-12-20

今日の10件

  • counter: 408
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 2


*1 この場合のSNはスクリーンネームの略と考える方が妥当
*2 公式情報ではないので定かではない
*3 BREAKはコンボが切れるので関係する
*4 NORを除く
*5 シンクロニカではあまり使われない