上久保線


鈴島鉄道上久保線

  • 上久保線(かみくぼせん)は、湾島県内鈴島市の環状駅から、同市内の上久保駅までを結ぶ、鈴島鉄道(鈴鉄)の路線である。路線色は赤で、路線記号はK。
かみくぼせん
上久保線
概要
起終点起点:環状駅
終点:上久保駅
路線色・路線記号[K]
運営
所有者鈴島鉄道
車両基地上久保車両基地
路線諸元
路線距離9.5km (5.9 mi)
軌間1,067mm (3 ft 6 in)

概要

内鈴島市の環状駅を基点とし、内鈴島市環状町を縦断し、上久保駅までを結ぶ路線。鈴島鉄道最短の路線で、密都線のみと接する。

路線データ

  • 路線距離(営業キロ):9.5km
  • 軌間:1067mm
  • 複線区間:全線単線
  • 電化区間:全線非電化

歴史

戦前、狭山炭鉱の積み出し専用の軽便鉄道線として狭環線と称し、開業した。 経路は狭山南駅(現在の狭山線狭山駅の少し南方)から上久保駅へ向かい、現在の上久保線の経路を経て環状駅を通り、環状港へとのびるものであった。その後、全線が1067mmに改軌された。

戦後しばらくして、炭鉱の衰退とともに貨物専用線部分である狭山南駅〜上久保駅間、環状駅〜環状港間は役目を終えたものとして廃止になり、同時に上久保線へと改称された。旅客営業は現存区間において改軌直前に開始された一方で、現存しない区間は貨物鉄道としての性格が強く、旅客営業はされないまま廃止になった。その後、環状駅の配線が変更され、上久保線から密都線への直通が可能になり、さらに紆余曲折を経て現在の運行形態になった。

運行形態

現在上久保線を通る列車はすべて普通列車である。日中は密都線と直通して鳶山駅まで運行する便が1時間に1本あるのみだが、一部に上久保駅〜瑞海駅間の運行もある。基本的には数分以内の乗り継ぎで瑞海駅まで移動できるようになっている。また、当路線には上久保駅付近に車両基地があるため、始発・終発時には本数が増える。