ホルス


ホルス(Horus、hr)

 その名は『遠くにいるもの』を意味する。隼または隼の頭を持った男性の姿をもって表される。彼は天空の神であり、その翼を持って大地を守り天を包み込む。彼はセトの毒により一度殺されかけるが主神ラーによって毒を抜かれ、一命を取り留めた。その後彼は順調に成長し、父であるオシリスの復讐を果たし、エジプトの王権を握る。

ウブメ