sprite_get_tpe()


リソース操作・スプライト

sprite_get_tpe

スプライトのテクスチャページを取得します

構文

sprite_get_tpe(sprite, index);
sprite
スプライトのインデックス番号
index
画像番号

戻り値

Real
テクスチャページのインデックス番号

説明

この関数は、指定のスプライトのサブイメージに該当するテクスチャページの番号を返します。 この方法ではゲーム外で使用するための拡張機能に値を渡すことができ、DOMコンテンツで使用する描画関数に渡します。 この機能は、GameMaker:Studioの外でボタンなどのインタラクティブメディアを作成したい際に特に重要です。例えば、clickable_add()でcanvasにボタンを描画します。

注意

この関数はHTML5のみで有効です


home_but = button_add(32, 32, sprite_get_tpe(spr_MS_Home, 0), "http://macsweeney_games.com", "_blank", "width=700, height=500, menubar=0, toolbar=0, scrollbars=0");

上記コードは、ゲームのキャンバス(32, 32)にDOMボタンを作成します。スプライト"spr_MS_Home"を元にボタンを作成します。

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2019-11-16 2019-11-14 2019-09-27 2019-07-28 2019-07-12 2018-11-17 2017-11-07 2017-10-26 2017-10-01 2017-05-13 2016-10-01 2017-01-22 2017-01-14 2016-12-25 2016-10-09 2016-09-21 2016-08-29 2016-06-21 2016-02-23 2016-02-10 2016-01-18 2015-10-30 2015-10-20 2015-06-23 2015-06-20 2015-06-19

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 617
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 3