physics_world_update_speed()


Game Maker Language リファレンス > 組み込み関数 用途別 > 物理エンジン > physics_world_update_speed()

physics_world_update_speed()

GameMaker Studio 2は、ルームの速度に基づいて更新するため、たとえば30に設定すると、GameMaker Studio2は1秒間に30ステップを実行します。 ただし、十分ではない可能性があり、安定性や精度を高めるために少し速い速度で更新したい場合があります。 そのために、部屋の速度とは関係なく、物理システムの更新速度を設定する関数 physics_world_update_speed() を使用します。 つまり、部屋の速度を30に設定できますが、物理を60に設定すると、物理システムが更新されて計算が実行される速度が、ステップが更新される速度と比べて実質的に2倍になります。

注意
現在(GameMaker Studio2)は、これをルームの速度未満に設定することはできませんが、将来の更新で変更される可能性があります。

構文

physics_world_update_speed(speed)
speed
物理システムが更新する1秒あたりの回数

戻り値

N/A
なし

physics_world_update_speed(room_speed * 2);

上記のコードは、物理システムの更新速度をルーム速度の2倍に設定します。

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2021-07-01 2021-06-02 2021-01-23 2021-01-21 2021-01-19 2021-01-18 2021-01-17 2021-01-16 2021-01-15 2021-01-14 2021-01-13

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 105
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 1