physics_pause_enable()


Game Maker Language リファレンス > 組み込み関数 用途別 > 物理エンジン > physics_pause_enable()

physics_pause_enable()

通常、物理シミュレーションが機能するには、連続的である必要があり、停止および開始できないか、インスタンスがルームのある場所から別の場所に突然移動する必要があります。 ただし、(たとえば)デバイスのOSが一時停止したためにシミュレーションを一時停止する必要がある場合があるため、この機能を使用します。 フラグがtrueに設定されている場合はシミュレーションを一時停止し、フラグが再びfalseに設定されるまで物理計算は実行されません。

注意
これは、非アクティブ化された場合でも物理体が物理学の世界で計算およびシミュレーションされ続けるため、ルーム内のすべてのインスタンスを非アクティブ化する場合に特に役立ちます。

構文

physics_pause_enable(flag)
flag
これをtrueに設定するとシミュレーションが一時停止します。falseに設定するとシミュレーションを再開できます

戻り値

N/A
なし

if os_is_paused()
{
  physics_pause_enable(true);
  instance_deactivate_all(true);
  instance_create_layer(x, y, "Controllers", obj_PauseMenu);
}

上記のコードは、OSが一時停止されているかどうかを確認し、一時停止されている場合は、物理ワールドを一時停止し、それ自体を除くすべてを非アクティブ化してから、一時停止メニューインスタンスを作成します。

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2021-01-23 2021-01-22 2021-01-21 2021-01-19 2021-01-18 2021-01-17 2021-01-16 2021-01-15 2021-01-14 2021-01-13

人気の10件

今日の4件



これまでの訪問者: 32
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 2