draw_surface_tiled()


2D グラフィック機能

draw_surface_tiled

ルーム全体を埋めるようにサーフェースでタイル張りに描画します

構文

draw_surface_tiled(index, x, y);
index
サーフェースのインデックス番号
x
描画するX座標
y
描画するY座標

戻り値

N/A
なし

説明

この関数は、指定の座標から開始し、ルーム全体に渡って指定のサーフェースを繰り返しでタイル張りします。

注意

サーフェースはいつでも存在しなくなる可能性があります。そのため常にsurface_exists()を使用して存在をチェックする必要があります。詳細についてはサーフェース機能についてを参照してください


draw_surface_tiled(surf, x, y);

インスタンス座標の(x, y)を起点に、ルーム内のすべてにタイル張りでサーフェースを描画します。

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2020-02-09 2020-02-08 2019-11-16 2019-11-14 2019-09-27 2019-07-28 2019-07-12 2018-11-17 2017-11-07 2017-10-26 2017-10-01 2017-05-13 2016-10-01 2017-01-22 2017-01-14 2016-12-25 2016-10-09 2016-09-21 2016-08-29 2016-06-21 2016-02-23 2016-02-10 2016-01-18 2015-10-30 2015-10-20 2015-06-23

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 703
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 2