draw_surface_general()


2D グラフィック機能

draw_surface_general

指定のサーフェースの一部分を指定し、スケール値、回転、4頂点の色、アルファ値を指定して描画することが可能です

Syntax:

draw_surface_general(id, left, top, width, height, x, y, xscale, yscale, rot, c1, c2, c3, c4, alpha);
index
サーフェースのインデックス番号
left
切り取り左上座標(X)
top
切り取り左上座標(Y)
width
切り取る幅
height
切り取る高さ
x
描画左上座標(X)
y
描画左上座標(Y)
xscale
水平方向のスケール値
yscale
垂直方向のスケール値
rot
回転値
c1
左上の色
c2
右上の色
c3
右下の色
c4
左下の色
alpha
アルファ値

戻り値

N/A
なし

Description

This function combines the function draw_surface_ext with the function draw_surface_part, adding in some additional blending options so that each corner of the final surface part can be blended with an individual color.

注意

頂点カラーによるグラデーションは、HTML5ではWebGLを有効にしないと動作しません


注意

サーフェースはいつでも破棄される可能性があります。ですのでsurface_exists()関数を使用して常に存在チェックをする必要があります。詳細についてはサーフェース機能についてを参照してください

Example:

draw_surface_general(surf, 8, 8, 32, 32, x, y, 2, 0.5, 180, c_white, c_white, c_black, c_black, 1);

This will draw a 32x32 pixel area from 8x8 pixels into the surface. It will be stretched to double its usual width but half its usual height. It will be opaque, and upside down. The top area of the surface will be blended white and hence normal, but the bottom area will be black, meaning the surface will go from normal to silhouette downwards in a smooth gradient.

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2019-09-27 2019-07-28 2019-07-12 2018-11-17 2017-11-07 2017-10-26 2017-10-01 2017-05-13 2016-10-01 2017-01-22 2017-01-14 2016-12-25 2016-10-09 2016-09-21 2016-08-29 2016-06-21 2016-02-23 2016-02-10 2016-01-18 2015-10-30 2015-10-20 2015-06-23 2015-06-20 2015-06-19 2015-06-10

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 1045
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 1
閲覧者: 6