delta_time


数値計算・文字列・日付/時間

delta_time

1Stepの経過時間をマイクロ秒(10-6)で取得します

構文

delta_time

戻り値

Real
1Stepの経過時間(マイクロ秒)

説明

デルタタイムの目的は、複雑なグラフィックスや多くのコード処理をしたときの速度の遅延の影響を排除するためです。これにより実行速度のラグに関係なく、物体の速度を定義することができます。delta_timeの値はマイクロ秒(1マイクロ秒は100万分の1秒)となり、1ステップの経過時間を取得することができます。したがって可変のdelta_timeは、ゲーム速度の遅延のために速度が速くなるように使用することができます

speed = spd * (ot - delta_time);

上記コードは、遅れを補正するために、デルタタイムを使用して、インスタンスの速度を設定します。変数"ot"に前回のデルタタイムを保持しておき、遅延の差分だけ変数"spd"を変動させて最終的な速度を決定しています

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2020-12-01 2020-11-29 2020-11-27 2020-11-22 2020-11-21 2020-11-19 2020-10-07 2020-10-05 2020-10-02 2020-10-01

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 1462
今日の訪問者: 4
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 4