d3d_set_projection_ext()


3D グラフィック機能

d3d_set_projection_ext

正確な3次元投影を設定します

構文

d3d_set_projection_ext(xfrom, yfrom, zfrom, xto, yto, zto, xup, yup, zup, angle, aspect, znear, zfar)
xfrom
lookのX座標
yfrom
lookのY座標
zfrom
lookのZ座標
xto
toのX座標
yto
toのY座標
zto
toのZ座標
xup
upのX方向ベクトル
yup
upのY方向ベクトル
zup
upのZ方向ベクトル
angle
視野角
aspect
アスペクト比
znear
Zのnearクリップ
zfar
Zのfarクリップ

説明

この関数は、カメラを含めた投影行列の世界が2Dスクリーンに投影される方法を制御します。ここで、(基本的に)ビュー行列がコントロール初期投影行列と同様に、3Dゲームのためのビュー行列を設定します。あなただけの周りのビュー(カメラ)を移動したい場合は、関数d3d_set_projection()を使用する必要があります。

視点は(xfrom, yfrom, zfrom)で指定します。ターゲットは(xto, yto, zto)で指定します。アップベクトルは(xup, yup, zup)で指定します。

"angle"にはカメラのレンズ(視野角)を設定します。通常は40〜45度の値となります。"aspect"には水平方向と垂直方向とのアスペクト比を指定します。通常はルームのサイズ比に合わせます。640x480であれば、640/480=1.333を指定します。最後(near/far)はクリッピングプレーンを指定します。この範囲より小さいものもしくは大きいオブジェクトは描画されません。デフォルトはnear=1 / far=32000 となっています。なおnearは0より大きくなければなりません

with (obj_camera)
{
  var xx, yy, r;
  xx = x + cos(direction * pi / 180);
  yy = y - sin(direction * pi / 180);
  r = view_wview[0] / view_hview[0];
  d3d_set_projection_ext(x, y, 10, xx, yy, 10, 0, 0, 1, 60, r, 1, 16000);
}

上記コードは一般的なFPSで、現在のカメラオブジェクトの方向を使用して回転させ、60度の視野角と低めのfarクリッピングの設定となっています

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2019-11-16 2019-11-14 2019-09-27 2019-07-28 2019-07-12 2018-11-17 2017-11-07 2017-10-26 2017-10-01 2017-05-13 2016-10-01 2017-01-22 2017-01-14 2016-12-25 2016-10-09 2016-09-21 2016-08-29 2016-06-21 2016-02-23 2016-02-10 2016-01-18 2015-10-30 2015-10-20 2015-06-23 2015-06-20 2015-06-19

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 914
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 4