武将 / / 鮑隆


鮑隆(ホウリュウ) ?-208
原籍不詳

桂陽太守・趙範配下の将。かつて虎を射殺した剛の者。侵攻してきた趙雲に降伏しようとする主を、陳応とともに諌める。迎撃に出た陳応が敗れると、趙範に従って降伏。のちに趙範と趙雲が仲違いすると、偽りの投降をして趙雲を捕らえようとする。だが、策を見抜いた趙雲に酔いつぶされ、処断された。正史には登場しない。


武将 / / 鮑隆