武将 / / ケイ道栄


邢道栄(ケイドウエイ) ?-208
原籍不詳

零陵の太守・劉度配下の将。大斧の使い手。劉度の子・劉賢とともに、零陵に侵攻してきた劉備軍を迎え撃つが、張飛、趙雲の武勇に怖じ気づき投降する。諸葛亮に劉賢の陣への夜襲を提案したため釈放され、劉賢と謀って、夜襲に来る劉備軍を待ち構える。だが、策は見抜かれ、不意に現れた趙雲に討たれた。正史には登場しない。


武将 / / ケイ道栄