2003年


2001-2002年

2003年

16第二軍総司令官竹中譲司、オターキングラードからの脱出を要請するも却下される。
8稲葉空軍、輸送機によるオターキングラードへの空中補給を開始。輸送機隊だけでなく爆撃隊もこの任務に参加。同時並行で特殊技能保持者、負傷者の搬出作業開始。
10稲葉空軍、空中補給支援のため市街周辺の白石部隊に対する大規模な爆撃作戦。
14立花昌毅、中央軍集団を解任され南方軍集団総司令官に任命。
16〜20白石親衛機甲軍オターキングラード市街地に突入、第二軍との間で激しい市街戦。
22稲葉、オターキングラード救出作戦「雪解け」開始。救出部隊は市街の十卆茲泙膿塀弌第二軍の一部と合流するも白石の抵抗激しく、作戦失敗。
24白石「バレンタイン攻勢」開始。オターキングラードを飲み込み、全戦線で大攻勢。
7白石、渡良瀬川対岸に橋頭堡建設に成功。
9渡良瀬川北の白石橋頭堡、稲葉北方軍集団及び小田原連合軍により殲滅。
13白石、北方橋頭堡の壊滅を苦慮して南方橋頭堡を破棄、中央部に戦力を集中させる。
14〜17稲葉空軍による白石地上軍の橋頭堡への移動妨害攻撃続く。
19渡良瀬川中央橋頭堡に対するLKM師団中核部隊による攻撃作戦開始。
同日第九降下猟兵師団、渡良瀬川近辺に降下するも輸送中に攻撃され大損害。
22如月ノエル中佐に率いられた各兵科の集合部隊、「ノエル戦闘団」、赤松町に降下した白石魔法空挺軍を攻撃。空軍の協力もありこれを撃破。
24白石中央部橋頭堡、LKM師団を始めとした稲葉軍総攻撃により崩壊。
26白石学園、攻勢の中止を決定。
34稲葉本校においてノエル戦闘団は第六独立戦闘団として正式に創設。総統直属部隊として任務に就く。
22オターキングラード空中補給の要である立須萱(たちすかや)、白石親衛魔法軍の攻撃を受け、稲葉空軍の輸送機七十機が破壊される。
23立花昌毅、空中補給路の喪失を理由にオターキングラードの救出作戦を京子に要請。SS長官立花優香、空軍元帥青葉ゆかり、各方面司令官の後押しもあって作戦は容認される。
25オターキングラード救出作戦「オタの嵐」作戦開始。LKM師団、ダス・レーア師団、GI師団は渡良瀬川橋頭堡を起点としてオターキングラードへ突進。同日ノエル戦闘団、殻地占領
27稲葉校防第二軍内部で内乱、竹中上級大将が殺害され太刀堀雄太(たちほり・ゆうた)少将が指揮権を剥奪。第二軍を市街地から脱出させる。同日、脱出支援のため稲葉空軍の航空支援が終日続く。
28〜29第二軍脱出を妨害する白石と救出部隊の間で激しい地上戦が行われる。
30稲葉校防第二軍、オターキングラードから脱出に成功。脱出できたのは第二次攻防戦開始前の半数以下。
31第二軍後退陣地に収容。LMK師団司令部、生徒会室に対し「オターキングラード周辺の敵は弱体化している」と伝達。
43稲葉生徒会、オターキングラードの奪還作戦を承認。
6稲葉、オターキングラード奪還作戦「報復の刃」開始。
7ノエル戦闘団、LKM師団の最先頭としてオターキングラード前面の防衛線を突破。
8ノエル戦闘団、オターキングラード内部へは突入せず市街を包囲する動きを見せ、白石側外周防御部隊と戦闘。
9オターキングラード防衛軍司令官滑川康弘、市街地からの脱出を進言するが却下され、命令を無視して脱出。
11稲葉、オターキングラード市街に突入。白石残存部隊の掃討戦。
13稲葉、オターキングラード制圧。オタの広場は学園旗広場と改称される。
19オターキングラードを脱出した白石部隊を追撃中の稲葉軍部隊、後退支援の親衛魔法軍に全滅させられる。
5戦線は小康状態を保つ。
66白石、小田原学園領内に侵攻(第二次流血戦争)。小田原学園全校戦闘状態。
8稲葉学園内部で小田原出身生徒によるデモ発生。SS“吸血”師団に所属する小田原生徒ら、稲葉による小田原の支援を強く要請。
9稲葉、ノエル戦闘団を小田原に送る。
19小田原対戦車猟兵所属の魔法少女、地上部隊と連携して白石親衛機甲軍を攻撃、白石親衛機甲軍、三時間の戦闘で装甲車両等八十台喪失。
22白石、戦力抽出で戦力の低下した稲葉中央軍集団を狙う「赤い獅子」作戦。稲葉中央軍集団大損害、敗走 稲葉空軍、南方軍集団へ出撃中のため出撃できず。
24稲葉中央軍集団に属する各師団、混乱する情報の中各個に後退を開始。
27稲葉第25機甲師団「京子・ユーゲント」師団長戦死、一時的な代役として校防軍大佐天治間耶(てんじ・まや)准将に昇進、稲葉史上初めて校防軍の人間がSS師団の指揮を執る。
29京子ユーゲント師団、敗走する各師団を吸収して反撃
73小田原区域で行動中だったノエル戦闘団、京子ユーゲント師団と合流。
6白石機甲軍、夜間を利用して狩引飛行場を攻撃するも、初の赤外線照準機を装備した装甲教導師団の反撃で八十両を喪失。
8〜10要衝122高地を巡り激戦。
12稲葉、122高地攻略失敗。
16京子・ユーゲント師団の戦力大幅に減少。後退開始。
21ノエル戦闘団、後退する部隊の殿として555街道で奮戦。
23LKM師団始めとした三個師団、反撃開始。同日、再編終えた稲葉空軍、白石空軍への攻撃再開。
27ノエル戦闘団、本校へ休暇のため帰還。
81〜3稲葉本校で学園祭開催。閉会の挨拶で報道委員長服部直人(ふくべ・なおと)、徹底抗戦を主張

ツンデレ作戦

1稲葉、突出した白石戦線を攻撃する「ツンデレ」作戦発動。午前一時、各部隊は作戦開始。突撃班及び工兵部隊、白石戦線に侵入。
20幌革村にて学園島史上最大の戦車戦が行われる。投入された装甲車両は、両軍合わせて八百台。六時間に渡る戦闘の末、痛み分けで戦闘終了。
同日午後、第653重駆逐戦車大隊のエレファント、薄くなった白石戦線後方を突破、その四時間後、 反対側でダス・レーア等二個師団、後方を突破
21突出部の白石機甲軍、包囲されたことを重く見て脱出を図る。稲葉、降伏勧告を出すも無視されたことから、包囲部隊の殲滅を決定(ツンデレ・ポケットの惨劇)。
同日午後四時、包囲されていた白石機甲軍の三分の二が脱出に成功。
水無月京子、ツンデレ作戦の中止を決定。