6          


6 2003年11月4日 ザトミフ包囲陣内 白石陣地

 「稲葉の魔女さん、会えて嬉しいよ」

 魔法少女は胸に手を当て、深く頭を下げた。
 茶色みがかった髪で、中世的な顔つきは精悍な印象を受ける。
 少しだらしの無い印象も受けるが、それが飄々とした雰囲気を生み出している。
 舞虎の方も特に感情を露にするわけでもなく、堂々とした口調で返した。
  
 「彼氏じゃなくて…弟だ」
 「それは失敬」

 後ろに一歩下がり、魔法少女は舞虎に詫びた。

 「僕は白石第四魔法師団第二十二中隊長。真紅美月(しんく・みつき)。以後、お見知りおきを」
 「中隊長自らご出陣か。ご苦労なことだな」
 「指揮官は常に最前線に立つものじゃないか。それに、中隊と言っても人手不足でね」
 「奇遇だな。私も一人で一個中隊だ!」

 舞虎はライフルの引き金を引く。
 撃ち出された徹甲弾が防御結界に当たり、弾き飛ばされて泥中に突き刺さった。
 宙を舞う三月は、嬉しそうに微笑む。 
 
 「惜しい。あとコンマ数秒早ければ!」
 「手練か。厄介だな」

 舞虎は、三月が今までの素人とは違うことを短い時間の中で把握していた。
 白石の魔法少女の多くは戦争に関しては素人だ。だが時に、修羅を潜った生き残りがとんでもない奴に変貌することがある。
 時に稲葉軍をたった一人で壊滅させたりするのはそういった類だ。
 もし白石が平均以上の指揮系統を有していたならば、とっくに学園島の西は赤い波に覆われているだろう。

 「稲葉の魔女と戦えるとは、僕も幸運だよ。行くぞ!」
 「おしゃべりだけは一人前だ!」
 「僕にとってはどこも大して変わらない」
 
 舞虎の放った弾丸を三月が長刀で弾き返し、がら空きになった体を狙って投げられたクナイを結界で防ぐ。
 ラティの弾丸も至近距離で放たれているにも関わらず、一発とて当てることができない。
 
 「いい反射神経だ」
 「驚いたかい。クールビューティ?」
 「お褒めの言葉ありがとう。生憎、女性にそう言われても嬉しくはないが」

 舞虎の心拍数が上がっていく。
 魔法少女は変身することで、常人ならざる能力を手に入れることができる。
 それは舞虎だって同じだ。彼女の場合は魔道服で上乗せしている分もあるから、その辺に転がっている魔法少女より能力は上だった。
 だが時に、稲葉で言う華菱有紀のようなイレギュラーが戦場には現れる。
 個人で十倍の敵を叩き潰し、戦局を変えてみせる存在が。

 「楽しませてもらっている、稲葉の魔女さん!」
 「減らない口だな、どこのおしゃべりの家系に生まれた!」

 美月の剣を銃で防ぎ、銃身を使って受け流す。
 至近距離で撃たれた銃弾が三月の剣に当たり、金属片を撒き散らした。

 「あ・・・血・・・」
 
 破片で切れた頬から滴る血を手で取って舐め、美月の顔が紅潮する。

 「楽しいよ。とっても楽しいよ、ああ楽しい!とっても楽しい!久しぶりだ、この痛み・・・この感触・・・」

 三月は剣を構え、白い歯を見せて笑った。
 瞬時に距離を詰め、剣を振り下ろす。
 
 「素晴らしいよ!君はァッ!」
 
 狂気じみた笑顔で、三月は襲いかかる。
 浴びせられる銃撃をことごとく回避して、斬撃を繰り出す。
 舞虎の反撃を押し潰して、前へと進む。
 
 「この痛み、この緊張感!たまらない!持って行かれそうだ!」
 「そのまま火星にでも飛んでいけばいいんじゃないか」
 「君との戦いはエヴォリューション!まさに進化だ」

 三月はただ純粋に戦いだけを楽しんでいた。
 強い敵と戦い、全力でぶつかり合う。それだけで素晴らしいこと。
 だから戦争の行方も、どちらかが勝つか負けるかなんて些細なものに過ぎない。

 「君がいるから、ここは光に溢れている。君から漏れる光が、私の心を真っ赤を照らす!」
 「真っ赤に燃えてくれるとありがたいんんだがな・・・ッ!」
 
 舞虎の銃弾を避けて距離を詰めた美月が、鍔迫り合いながら微笑む。

 「君との戦いはファンタスティックだ!」
 「では夢から出てくるな!」
 
 ラティが弾かれ、舞虎は姿勢を崩した。
 そこを狙って、三月の剣が振り下ろされる。
 
 「もらっ・・・」
 「てなぁぁぁい!」

 剣撃を避けた舞虎は、その勢いのまま三月を投げ飛ばす。
 投げ飛ばした先は、弾薬やドラム缶が山積みされた一角。
 三月がそこに突っ込むと、紅蓮の火柱が空を赤々と照らした。

 「これでくたばっただろう。全く、どうしてこの島は変人ばかりなんだ・・・」

 舞虎は手で顔を拭い、ショカコーラを口に放り込んだ。
 そして滑空翼を展開し、マナを噴射して飛び立った。