難易度表 / おに / Help me, ERINNNNNN!!


Help me, ERINNNNNN!!

詳細

バージョン*1難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
AC15 秋季例大祭('14)Ver.
AC15.5.9
★×85421042800点+連打540点133点
iOS
AR
??????点460点120点
真打995420点1520点-

譜面構成・攻略

  • BPMは約176〜190。
    • 平均すると約183になる。
  • 連打秒数目安・・・約1.298秒約0.463秒約0.464秒約0.446秒約0.473秒:合計約3.144秒
  • 平均密度は、約4.59打/秒
  • ゴーゴータイムが16回と非常に多い。大音符も非常に多く84個(約15.50%)ある。
    • ゴーゴーは歌詞中の「(゚∀゚)o彡゜えーりん!えーりん!」の振り付けに合わせたものと思われる。
    • 因みに、ゴーゴー内に通常音符が1つもない珍しい譜面である。
  • BPM変化が多く、特に高密度地帯は精度が取りにくい。
  • 後半にかけて5、7連打複合がたびたび現れる。際立って叩きにくいものではないが、上述の通りBPMがかなり揺れているため注意。

その他

  • 原曲は、「東方永夜抄 〜 Imperishable Night.」の6B面ボス、蓬莱山輝夜のテーマである「竹取飛翔 〜 Lunatic Princess」。
    • ちなみに歌詞中に出てくる「えーりん」は、同作品6A面ボスである八意永琳のことであるが、彼女のテーマ曲ではないので注意。
  • 作詞・ボーカルは、COOL&CREATEビートまりお
  • 元々はCOOL&CREATEから2004年12月に頒布された「東方ストライク」に収録されているインストアレンジの同タイトル曲で、そこにmyu314のアレンジと石鹸屋の演奏が入ってバンドアレンジになり、ボーカルが加わったものである。
    • 本作に収録されているボーカル版は、2007年5月にCOOL&CREATEから頒布された「Flowering ERINNNNNN!!」が初出。
  • 曲IDは、therin
  • 譜面作成は、アリーホット
  • 余談だが、過去の例大祭出展の筐体では小林幸子による歌唱の「Help me, ERINNNNNN!! 小林幸子ver.」、Crankyによるリミックスの「Help me, ERINNNNNN!! -Cranky remix-」が限定収録された事がある*2

コメント

  • このページを初めてご利用になる方は、必ずコメント時の注意に目を通してからコメントをするようにしてください。
  • 難易度に関する話題は高難易度攻略wiki難易度等議論Wikiにてお願いします。

    最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

    • うんうん。 -- 2015-03-09 (月) 00:11:31
    • 初めて太鼓でやった時再録したのかと思ったけどやっぱり同じ音源か -- 2015-05-04 (月) 16:59:49
    • えーりん片手打ちといい、どんどん音符が増えていく盛り上がりといい、演奏の楽しさとネタの面白さが同時に感じられる良譜面 -- 2015-10-22 (木) 00:07:01
    • これかなりbpmの表示適当だよな -- 2015-11-22 (日) 12:20:30
    • 途中まで簡単だが後半難しくなりすぎ。クリア難易度だけなら簡単? -- 2016-01-16 (土) 08:56:07
    • 譜面画像のBPMを修正 -- 2016-06-10 (金) 02:59:36
    • 12小節目の4拍目あたりから13小節目の4拍目あたりまで黄色連打(大)、14小節目の最初に面はない -- 2016-07-02 (土) 16:09:03
    • ↑修正しといた -- 2016-07-03 (日) 22:06:27
    • iOSとARに配信きました -- 2017-03-01 (水) 00:11:20
    • BPM確定するのかな? -- 2017-03-01 (水) 09:56:24
    コメント:

譜面

therin_m.png

メニュー

 

収録曲リスト

作品別




ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら

その他

更新履歴

最新の25件

2017-12-16

今日の25件

  • counter: 23892
  • today: 12
  • yesterday: 11
  • online: 82


*1 太字は初出
*2 それぞれ会場限定曲としての収録だったため通常の筐体には未収録