難易度表 / おに / 万戈イム−一ノ十


万戈(じょう)イム(ぶつ)−一()ノ十(せん)

  • 2000シリーズ第16弾。ちなみに曲名は公式の開発日記で「成仏2000」と表記されたことがある。

詳細

バージョン*1難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
Wii3SP、4SP★×109991198540点+連打350点80点
AC15.3.2SPWii U2SP
PS Vita1DL
PS4 1DL
1199180点370点88点
真打1003760点980点-
AC16.1.01000000点1000点

譜面講成・攻略

  • BPMは220。HSがかかる箇所があり、見た目BPMは110〜660と大きく変化する。
    • HS変化は0.5 → 1 → 0.5 → 0.75 → 1 → 0.5 → 1 → 3(黄色連打のみ) → 1(音符なし) → 2 → 1.33の順。
  • 連打秒数目安・・・約0.523秒−約0.795秒約1.068秒:合計約2.386秒
    • 旧配点では、全良+約26.1打/秒で122万点、約38.4打/秒で123万点、約50.6打/秒で124万点に到達できる。
  • きたさいたま2000とほぼ同速で、6分・8分・12分・16分・24分・見た目32分音符が入り混じる複合、非常に複雑なリズム・長複合で構成されており、極めて高度な技術力と譜面処理能力が要求される。
  • ゴーゴータイムでは他の譜面に見られない非常に複雑なリズムで構成されている上、HS0.5がかけられているため譜面を認識しにくい。
    • しかし、ドラムの音を全て拾った配置となっているので、対策としては曲をしっかりと聴く、オート演奏を参考にする、演奏オプション「ばいそく」をかけて音符配置を把握するのが良いだろう。
    • 太鼓の達人トップクラスのリズム難という声も少なくない。様々な音符間隔が入り混じり、精度が非常に取りづらいため、意外な落とし穴になり得る。
  • 22〜37小節に、初音ミクの消失‐劇場版‐(裏譜面)のような12分・16分・24分音符の配置がある。
    • 37小節目にはお菓子刑事の歌のような発狂がある。フルコンボ狙いならば逆餡蜜処理を推奨。
    • 31・37小節目にあるBPM220の24分音符22打/秒で、冬竜 〜Toryu〜(裏譜面)にあるBPM110の48分音符と同じ速さである。
      • 特に37小節目の24分音符はフルコンボを狙う上での最大の難関と言える。
  • 44〜45小節はきたさいたま2000のラストの発狂部分に似ているが、45小節目の音符配置が少し違うので同じ叩き方をしないように。
  • ラストの33連打による高速長複合は面の数が「37564」の順に配置されており、4つ目の縁以外はすべて入り手とは逆の手で叩くので、場合によっては逆手始動を推奨。
  • 平均密度は約8.17打/秒。★×10の中でも高い方。

対策

  • 総合力を試す譜面で、技術、体力、発狂処理能力、複合処理能力、高速処理能力と、どの分野においても極めて高い実力を要求される。どれか1つでも抜けていると太刀打ちできない可能性が高い。
    • これまでにどれだけ多くの種類の譜面に挑戦してきたかが鍵となる。とにかく様々な譜面をプレイして地力をつけよう。
    • 特に、BPM200オーバーの物量譜面や技術譜面に慣れているだけでもかなり有利である(Black Rose Apostle燎原ノ舞きたさいたま2000など)。
    • 他にもゴーゴータイム対策に、多くのプレイヤーが苦手としている低速リズム難譜面や低速技術譜面も有効である(ボクハシンセDEBSTEP!など)。

その他

  • 全コース最高難易度曲である。
  • 作曲は、LindaAI-CUE
    • ドラムトラックの素材を作成したのは、増渕裕二。リコーダーは吹いていない。
  • 曲中の女性の声はフランス語で「3(trois:トロワ)、7(sept:セットゥ)、5(cinq:サンク)、6(six:スィス)、4(quatre:カトル)」のループ。
    • フランス語の他にも台湾語と日本語も曲中に確認されている。
    • フランス語の朗読は、Shoko(ローカライズ担当のBNEI社員)。時折聞こえるつぶやき声は、サニヤ・バブカル林欽立(MC Linn)
  • 曲名の読み方は、上記の通り「じょうぶつにせん」。
    • 曲名の文字を順番に2つずつ繋げると別の1つの漢字ができ、出来た漢字を並べると「成仏二千」となる。
      • Wii3、AC15では、演奏中のタイトル表示が「」と「」の文字が二つ併せて「」に見えるように調節されている。
      • また、5文字目の「」はマイナスであるが、選曲画面のタイトルでは「」に見えるように文字サイズを小さくしている。「」も同様に調節されている模様。
  • 初出当時は、同じくWii3初出の難関曲であるBlack Rose Apostle(裏譜面)Doom Noiz、当時の公式最難関曲であったきたさいたま2000Rotter Tarmination(裏譜面)燎原ノ舞はたラク2000を大きく突き放す難易度だったこともあり、曲名のインパクトも相まってAC14の〆ドレー2000と共に大きな話題を呼んだ。
    • 当時としては類を見ない非常に複雑なリズムで構成されたゴーゴータイムをはじめ、24分音符の瞬間密度は当時史上最高密度を更新し、全体的な密度も群を抜いて高かったため、他には見られない新しいタイプの難関としてプレイヤーに立ちはだかり、新時代の幕開けと言えるような印象づけであった。
    • またフランス語による「3 7 5 6 4」のループ、時折聞こえるかすかなつぶやき声、ゴーゴータイムの低速地帯で聞こえるノイズ音、譜面に組み込まれた「3 7 5 6 4」など、正式な公式発表がされるまでこれらの意味深な要素の様々な考察・推測が活発に行われていた。これは曲名に加えて、曲調も太鼓の達人は元より2000シリーズ内でも異質の出来であったこと、大きく飛躍した譜面難易度などが背景にある。
  • 譜面作成は、エトウ。氏曰く「今までで最も作成に苦労した譜面のひとつ」らしい。
    • また、「今までの2000シリーズを高難易度たらしめる要素を1曲に凝縮する」、「なるべく2000シリーズが登場した時系列順に要素を並べてみる」という2つのコンセプトを元に譜面を作ったとのこと。〆ドレー2000のように既にある譜面をつぎはぎするのではなく、全てオリジナルで譜面が作られている。
  • 新筐体ソライロVer.において、第17回アップデートの段位道場の十段3曲目にてAC初収録を果たした。
  • 強制譜面分岐があるため、達人譜面以外ではプレイできない。
    • Wii4のつまみ食い演奏では普通譜面玄人譜面をプレイすることも可能ではあるが、達人譜面と同一譜面である。
    • PS Vita1では「きまぐれ」「でたらめ」をかけた際に、達人譜面へ分岐した瞬間に配色が変わる現象が起きるようになっており、即座の対応が求められるようになっている(参考動画(亜州版))。普通・玄人・達人譜面のそれぞれに譜面が設定されていることに起因するものと思われる。
    • なお、AC・WiiU2とそれ以外のCSで最初の分岐の仕様が異なり、AC・WiiU2では分岐の黄色い小節線が隠されているが、それ以外のCSでは隠されておらず黄色い小節線に1コンボ目が重なっている。
  • 新筐体でこの曲(難易度不問)をフルコンボすると、称号常世人」を入手できる。
    • 「常世(とこよ)」とは永久に変わらない神域であり、死後の世界でもある。対義語は「現世(うつしよ)」。
  • レッドVer.以降でこの譜面をフルコンボすると、称号万戈イムの達人」を入手できる。
  • 曲IDは、last2k
    • これは作曲当時、LindaAI-CUEがこの曲をもって2000シリーズを終わらせようとしていたためである。
    • エトウも2000シリーズが終了するという前提で譜面作成を行っており、最後にふさわしい譜面を考慮した結果が上記のコンセプトに繋がったと述べている。

この曲の解禁方法(AC)


*1 太字は初出
*2 6回に使用されたのは他にボクハシンセ(おに)(モモイロ以降、イエローまでの全Ver.の段位道場)がある。