難易度表 / おに / 極圏


極圏

  • 全日本アミューズメント施設営業者協会連合会(AOU)主催「第三回天下一音ゲ祭」のSOUND VOLTEX部門店舖予選課題曲。*1
    • 第四回天下一音ゲ祭」においては、JAEPO大会枠楽曲交換で本曲が選ばれ太鼓の達人、GROOVE COASTER、CHUNITHMへ移植された。また、太鼓の達人部門においては店舗予選会の課題曲1曲目は全店舗共通でこの曲である。

詳細

バージョン*2難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
AC15.9.7★×109441197100点+連打370点83点
真打1004050点950点-

譜面構成・攻略

  • BPMは207。
  • 高いBPMで様々な複合を大量に捌いていく譜面。
    • 12分、16分、24分がすべて揃っているため、体力だけでなく複合処理、リズム難耐性など技術もそれなりに必要。体力寄りの総合力譜面といったところか。
    • 24分は縁の3連打が7回登場。すべて12分か16分と隣接している。特に3回目以降は接続難易度は高め。
    • 体力面においてはギガンティックO.T.N(裏譜面)を余裕でクリアできる程度のレベルはあった方がいい。
  • 開幕からいきなり16分+12分の長複合や24分がある。
    • 長複合は16分4連打+12分49連打。崩れると巻き返しは厳しい。
    • 一見すると複雑そうだが、○○●●●●●●の繰り返しが合わさったもの。
  • 8小節からはしばらく素直な譜面が続く。
    • 13連打が2本出てくるが、配色は単純。少なくともこの地帯は稼ぎどころにしたい。
    • 1曲通してまだ易しい方なので、この時点でついていけなかったらクリアは厳しいだろう。
  • 28〜42小節は休憩地帯。12分が6回、連打が11個ある。
    • 連打はここに集中している。スコアにこだわらないなら無視するのも手。
    • 連打が連続してくる中、40小節に1個だけノーツがあるので連打での巻き込み注意。
  • 第1ゴーゴーから譜面が激しくなる。
    • BPMが速いにもかかわらず、長複合が何度も襲いかかる。
      • 第1ゴーゴーでは6本ある。連続でくる46、47小節、54、55小節には注意。逆手入りも有効。
    • この地帯から付点配置があるので、全良狙いなら崩されないように。
  • 60小節以降はさらに忙しくなる。大抵の人にとってはここが最大の難所だろう。
    • この地帯以降、密度が低い場所はあるが休憩地帯はないも同然なので体力切れには要注意。
    • 立て続けに長複合が襲いかかる。第1ゴーゴーのものより難しいものが多く、厄介な箇所もある。
      • 62小節のものは、12分が16分に挟まっているもの。利き手入りすると、面は逆手から叩かなくてはならない。
      • 63、64小節のものは厄介。16分、12分、24分が入り混じっている。逆手入りする必要がないのが救い。
      • その後も長複合が6本あるので気を抜かないように。
  • 第2ゴーゴーは少し易しくなる。
    • 付点配置が増えており、全良狙いなら気をつけたい。
    • 密度は低くなるので、長複合はあるものの稼ぎにしたいところ。
  • 93〜99小節のラス殺しに注意。
    • 出だしのような16分+12分の長複合だが、こちらは12分が16分に挟まっている。
      • つまり、16分→12分→16分。前後の16分も長め。
    • 12分は、●●●●○○の繰り返しが合わさったものと見れる。
    • 98、99小節は63、64小節のものと似ている。こちらは先に24分が3回出てくる。どちらが繋ぎやすいかは個人差。
    • ラストの大音符は小節線より左にずれているため全良狙いなら注意。
  • 平均密度は、約8.28打/秒と高い。
    • 第1ゴーゴーから譜面の終わり*3の区間で計算すると、約64.86秒に631ノーツが詰め込まれているため、約9.71打/秒とかなり高い値になる。

その他

  • 曲名の読みは、きょくけん
    • 北極圏と南極圏のことを指す。
  • 同時期に追加された音ゲ祭の課題曲の3曲の内、全コース最高難易度曲ではない曲はこの曲のみである(むずかしい譜面は★×7)。
  • アーティストは、cosMo VS dj TAKA
    • dj TAKA(石川貴之)はコナミ所属のコンポーザー。BEMANIアーティストが所属するコナミの社内レーベル「beatnation Records」の中心人物でもある。
    • なお第四回音ゲ祭の楽曲紹介ページでは、アーティスト表記が「BEMANI Sound Team」になっている*4
  • この譜面をフルコンボすると、称号極圏の凍雪を踏破せし者」を獲得できる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • これといって複雑な部分はないが大体BPMとノンストップなせいで★10に居座ってるって感じの譜面な -- 2017-11-13 (月) 09:17:26
  • 複合ラッシュキツすぎ -- 2017-12-01 (金) 15:33:23
  • 怒鎚のひどいコンボカッターのせいでこっちの方がフルコン簡単に思える -- 2017-12-08 (金) 16:17:17
  • 緋槍のドカドカビーム≦極圏の24分<<怒槌の32分 -- 2017-12-08 (金) 18:39:09
  • 60小節は感覚掴んだら意外といける。 -- 2018-02-04 (日) 16:07:03
  • 個人的に60小節のkkをkkdにしたら次につなげやすくなった。 -- 2018-04-11 (水) 00:53:09
  • マツモト譜面に見える -- 2018-07-06 (金) 09:31:41
  • 上の攻略でギガンティック裏よりかは黒薔薇裏の方が例えにはいい気が -- 2018-07-25 (水) 20:51:48
  • ↑体力面の説明で -- 2018-07-25 (水) 20:52:25
  • 62小節でも手元狂ってしまう -- 2018-08-12 (日) 14:38:31
コメント:

譜面

風船の長さは適当
極圏 暫定版1.1.2.png

メニュー

 

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2018-08-20

今日の25件

  • counter: 26749
  • today: 20
  • yesterday: 35
  • online: 36


*1 同第三回大会の全国頂上決戦では、この曲の特殊難易度「HEAVENLY」として、この曲と過去の音ゲ祭コナミ提供曲中心の5曲がリミックスされた新音源が決勝課題曲として登場している。なおその5曲の登場順(Harpuia→FLOWERマサカリブレイド→Black Emperor→月光乱舞)もSOUND VOLTEXへの登場順である。
*2 太字は初出
*3 44小節のドン(大)から99小節のドン(大)まで
*4 発表時に「cosMo VS dj TAKA」だったが、その後は(表記なし)→「BEMANI Sound Team」に変更された