CPUMiiファイター格闘タイプ(for)


スマブラfor3DSWiiU攻略>CPU行動まとめ(for)

CPUMiiファイター格闘タイプ(for)


「」

CPU概要


平均クラスの機動力を持ちながら、手数と破壊力を両立したCPU。一部の技を除き、隙が全体的に少ない。
地上戦はもとより、空中技による牽制を積極的に行う。飛び二連キック(空中前攻撃)を始めとした空中技を当てたいのか、小ジャンプの頻度が並のCPUよりも高い。その空中技も飛びハンマーナックル(空中下攻撃)を除いて硬直が限りなく小さい。ガーキャン主体で攻める場合は少々骨が折れる。
隙潰し行動である各種スマッシュ攻撃は、発生の早さだけでなく撃墜手段としても強力であり、インファイトに特化したコイツに大して露骨な密着戦闘は自殺行為に等しい。

その代償なのか、ありとあらゆる技のリーチが狭い。兎に角狭い。空中技を当てるべくピョンピョン跳ねるコイツには、範囲技や射撃技による殲滅が必須。基本位置は、CPUの小ジャンプ一回分の横移動距離。この位置ならば突進系必殺技や「ダッシュ接近モード」の対応、更にはCPUの空中攻撃に合わせて着地狩りを難なくこなせる。

瞬発百裂キック(横必殺技1)と燃焼ドロップキック(横必殺技2)は中距離での隙潰しに特化し、相手が技を振る度に過剰反応を示す。鉄球投げ(通常必殺技1)が同時にカスタマイズされていると瞬発百裂キック、燃焼ドロップキックの発動が抑制され、鉄球投げの頻度が上昇。
同じくカスタマイズ内容で行動パターンが変化するCPUには女神同じMii仲間が居るが、此方と比べると変化の振れ幅は少ない。上下必殺技に至っては発動タイミングに違いが無い。

高所復帰の頻度が高めであり、プレイヤーとCPUとの間に十分なスペースがあれば、CPUはそこに目がけて着地する。それ故に着地狩り耐性が低くトドメを刺しやすい。またアップデートの有無に関係無く、ステージ到達寸前のCPUに接近し上必殺技を暴発させる戦法が有効。

同じくインファイトに特化したCPUにはルイージトレーナー等が居るが、攻撃頻度はコイツらよりも遥かにマシ。CPUの小ジャンプ空中技を潰す練習を行いたいのであれば、格闘タイプだけでも十分。
鉄球投げ、瞬発百裂キック、燃焼ドロップキックは共に行動キャンセルでの誘発が容易であり、尚且つ後隙が目立つ。カスタマイズ次第では、必殺技を一切振らず空中技ばかり放ち、或いは必殺技を乱発し隙を晒しまくるアホに変貌するだろう。



戦闘能力


装備品やMiiの体格による能力補正、特殊効果は除外。

地上戦空中戦低所復帰力隙の無さ総合戦闘力
B~DB~C上必殺技1:C
上必殺技2:E
上必殺技3:D
B~DC~D


ジャンプ回数射撃技射撃反射、吸収技チャージ技ガード無効技地上カウンター空中カウンターワイヤー復帰
2回○※1×○※2、△※3××××

※1・・・通常必殺技1カスタマイズ時
※2・・・通常必殺技2カスタマイズ時
※3・・・横必殺技2カスタマイズ時

通常技主力各種弱攻撃、各種スマッシュ攻撃
空中技主力飛び二連キック(空中前攻撃)、飛び上キック(空中上攻撃)、飛びハンマーナックル(空中下攻撃)
必殺技主力鉄球投げ(通常必殺技1)、瞬発百裂キック(横必殺技1,2)
隙潰し掴み、各種弱攻撃、各種スマッシュ攻撃
行動キャンセル鉄球投げ(通常必殺技1、中〜近距離)、究極アッパーカット(通常必殺技2,3、近距離)、瞬発百裂キック(横必殺技1,2、遠〜近距離)、百裂ラッシュ(下必殺技3、遠〜近距離、発動率極稀)
高所復帰技瞬発百裂キック(横必殺技1,2)、天地キック(上必殺技1~3)、反転キック(下必殺技2)
崖並行復帰技瞬発百裂キック(横必殺技1~3)、天地キック(上必殺技1~3)、反転キック(下必殺技2)
低所復帰技天地キック(上必殺技1~3)、反転キック(下必殺技2)
復帰阻止大撃破パンチ(横スマッシュ攻撃)、飛び二連キック(空中前攻撃)、飛び上キック(空中上攻撃)、飛びハンマーナックル(空中下攻撃)


コンボルート発動条件備考
確定コンボ1跳躍アッパーカット(上強攻撃)→跳躍アッパーカット→掴み初段の上強攻撃がヒットする相手がコンボの途中で抜け出しても、抜け出した相手が攻撃モーションを取らない限り、一連の行動を中断しない。
高確率で確定コンボ3、4へ移行。
最後の掴みを外した場合は「機能停止状態」に陥る。
確定コンボ2地表キック(下強攻撃)→跳躍アッパーカット(上強攻撃)→大回転キック(上スマッシュ攻撃)対象のダメージが14%以下相手がコンボの途中で抜け出しても、抜け出した相手が攻撃モーションを取らない限り、一連の行動を中断しない。
確定コンボ3空手チョップ投げ(下投げ)→小ジャンプ→飛び上キック(空中上攻撃)対象のダメージが49%以下小ジャンプの軌道、空中上攻撃の発動タイミングは固定。
小ジャンプには追尾性能が一切備わっておらず、垂直方向にしか移動できない。
確定コンボ4空手チョップ投げ(下投げ)→天地キック(上必殺技1~3)投げ成功時、対象が怯み状態正確には相手の怯み動作に反応して、隙潰し用の上必殺技を使用しているだけ。誘発率が高いため特記。




アップデート後の変更点


  • 高所復帰時、露骨に低所へ移動しなくなり、積極的にステージへ寄る。
  • 崖平行復帰時に各種横必殺技を発動するパターンが追加。
  • 低所復帰中、ステージとの距離が近いと、空中ジャンプを使用せず即座に復帰技で崖掴まりを狙う。
  • 低所復帰中の復帰ルートが「崖」一択になった。
  • 低所復帰中、空中ジャンプする際に付近に相手が居ると、空中ジャンプと同時に空中緊急回避する。
  • 復帰中、崖ステージとの距離が遠すぎると超反応緊急回避が出来なくなった。

特徴




弱点




技リスト


技分類技名使用頻度主な用途
弱攻撃牽制左フックB牽制、隙潰し。
隙潰しでの使用率が高い。「ダッシュ接近モード」の派生の一つ。
弱攻撃2牽制右フックB確率で牽制右フックで止めで別の行動へ移行する。牽制左フックがヒットしなかった場合はこのパターンが多い。
百烈攻撃百烈パンチB弱攻撃一発目、二発目空振り時は、暴発率低下。
ダッシュ攻撃駆け込みキックEアップデートで使用率皆無。
横強攻撃側面キックC牽制、隙潰し。
前後隙が少なくリーチの短い。使用率は少なめ。
上強攻撃跳躍アッパーカットC地対空、コンボ。
マリオのアッパーカットに似た技。お手玉性能が高め。
誰かにヒットした場合、その場でもう一度跳躍アッパーカット→掴み行動を行う。掴みを外すと「機能停止状態」へ移行。
下強攻撃地表キックC牽制、崖掴まり阻止。
横強同様、リーチが狭く使用率が少ない。
横スマッシュ攻撃大撃破パンチB隙潰し、復帰阻止。
強い吹っ飛ばし力を備えたパンチ。デカい後隙と短いリーチが欠点。
ガーキャン時、相手との距離が離れている場合に限り、掴みや上下スマッシュよりも優先して発動。
攻撃判定の長い空中技等を用いてガーキャン誘発と離脱を同時に行えば、デカい後隙を強引に誘発できる。
復帰阻止にも稀に使用するが、後隙がデカすぎて他方向からの攻撃が刺さりやすい。
上スマッシュ攻撃大回転キックC隙潰し、地対空戦。
フォックスのサマーソルトキックに酷似。背面判定が少し緩い。
零距離での隙潰しに特化。露骨な密着戦闘は大回転キックの餌食。
下スマッシュ攻撃大前後スマッシュB隙潰し。
水平方向へパンチとキックを同時に放つ。後隙が凄まじい上に、リーチが途轍もなく短い。
零距離での隙潰しに特化。横スマッシュ同様、誘発が可能ならば狙ってみる余地はある。
空中N攻撃跳びキックB密着状態の相手に使用。
マリオの空中N攻撃に似たモーション。着地硬直の短さ、持続共に優秀。しかしリーチが皆無。
異様に発生が早い。お手玉に対しては専らこの技で対抗。小ジャンプを駆使して牽制に使用する場合がある。
予め小ジャンプの着地地点を予測して範囲技で潰したい。
空中前攻撃飛び二連キックA密着状態や前方の相手に使用。復帰阻止。
二連続でキックを放つ。一発目と二発目の合間には間隔がある。
小ジャンプと同時に放つパターンがある。この行動は懐の耐性が低下。相手の接近に応じて作動するパターンは、着地する寸前に誘発させれば二撃目が不発する。範囲技による着地狩りにも弱い。
空中後攻撃飛び後ろキックC背面の相手に使用。
一撃が重い後方キック。空中技の中では少しリーチがある。ガーキャン、着地狩り推奨。
空中上攻撃に出番を取られやすい技でもある。
空中上攻撃飛び上キックB背面、上部の相手に使用。コンボ技、復帰阻止。
上部180度を薙ぎ払うキック。例によってリーチが超狭い。
完全に範囲技のエサだが、こちらとの位置関係上後隙を狙う機会は非常に少ない。確率で、背面の相手に発動する場合がある。
下投げからの追撃にも用いるが、誘導性能が皆無なので命中精度は低い。
空中下攻撃飛びハンマーナックルB真下の相手に使用、復帰阻止。
振りの遅いメテオ技。側面判定がスッカスカなので、空中に居るCPUに対して打ち上げループハメが面白いように決まる。安定性を狙うならばガーキャン投げで対抗すべし。
メテオ技という性質からか、崖外に居る相手に対して積極的に使用する。
つかみ攻撃つかみヘッドバット-
前投げ裏拳投げB対象のダメージ量に関係なく、使用率は一定。
後投げキック投げB対象のダメージ量に関係無く、使用率は一定。
上投げ突き上げ掌底投げA89%以下の相手にはよく使用する。
下投げ空手チョップ投げBダメージ量が49%以下だと、空中上攻撃で追撃する。
通常必殺ワザ1鉄球投げB牽制、隙潰し。
吹っ飛ばしが強い鉄球を、放物線を描くように投擲する。技の前後に長めの隙。
相手の隙に反応し、中〜近距離から投げまくる。行動キャンセルの影響を兎に角受け、同じ誘発可能技である横必殺技1,2、下必殺技3よりも優先度が高い。ガーキャン特攻に弱い。中距離に居れば鉄球が頭上を飛び越えてヒットしない。
通常必殺ワザ2究極アッパーカットD隙潰し。
チャージ技。ドンキーコングのジャイアントパンチに似た性質だが、リーチはかなり短い。
チャージは一切行わず、近距離隙潰しの際に溜め無しを発動。使用率はかなり低い。
通常必殺ワザ3爆裂サイドキックD隙潰し。
ファルコンパンチと同等の性質。直撃時の威力は脅威。
零距離での隙潰しにしか使用せず、発動機会は非常に少ない。振り向き発動に至っては採用率皆無。少なくともCPUファルコンのように、我武者羅にぶっ放しては隙を作るアホではないようだ。
横必殺ワザ1瞬発百裂キックA~C隙潰し、崖平行復帰。
高速で相手の懐に潜り込み、連続蹴りを浴びせる。大きめの後隙。
鉄球投げがカスタマイズされていない場合は、行動キャンセル誘発率上昇。相手を認識する領域と実際の突進距離が一致しておらず、遠距離の対象には攻撃が届かない。
崖平行復帰中、崖際で待機している相手に対して低確率で反撃する。
横必殺ワザ2燃焼ドロップキックA~C隙潰し、崖平行復帰。
即席チャージ技。チャージ時間に応じて移動距離が伸びる。突進開始時は全身に強めの判定が発生するが、中距離以降は上下の判定が若干緩くなる。何かにヒットすると小さくホッピングし、着地寸前まで無防備。外れた場合は暫く地面に伏せ、大きな隙ができる。
鉄球投げがカスタマイズされていない場合は、行動キャンセル誘発率上昇。空振り時を攻めたり、ガーキャンを決めるべし。
相手を認識する領域と、実際の突進距離及びチャージ時間が一致しておらず、相手との距離が遠すぎるとチャージせず即突進してしまう。
崖平行復帰中、崖際で待機している相手に対して低確率で反撃する。
横必殺ワザ3脳天割りD隙潰し、崖平行復帰。
高々に跳躍し、腕を振り下ろして眼下の相手を埋める。
近距離戦でしか使用せず、その発動率もかなり低い。
崖平行復帰時にも使用するが、相当崖に近い位置でないと発動せず、見る機会は稀。崖端の相手を狙うのではなく、崖掴まりを優先する。
上必殺ワザ1天地キックC地対空戦、復帰技。
カービィのファイナルカッターに似た挙動を示す。着地時に僅かな隙。
対空戦では無駄に使用する。CPUが何らかの行動を行った直後に相手が空中へ移動する、或いは空中の相手が怯み状態ならば頻度アップ。命中精度は低い。
空中ジャンプ消費済み且つ高所復帰中に限り、ステージ到達直前に相手が接近すると、それに合わせて発動、そのまま垂直落下し崖掴まりを行う。低所から崖掴まりを狙う間は、背面からの攻撃に弱い。
上必殺ワザ2昇天スピンキックC地対空戦、復帰技。
上昇しながら連続キック。横方向にはそれなりの移動力を示すが、全くと言っていいほど上昇しない。
対空戦では無駄に使用する。CPUが何らかの行動を行った直後に相手が空中へ移動する、或いは空中の相手が怯み状態ならば頻度アップ。命中精度は低い。
空中ジャンプ消費済み且つ高所復帰中に限り、ステージ到達直前に相手が接近すると、それに合わせて発動、勝手に尻餅落下状態へ移行してしまう。このCPUは高所復帰の頻度が高めなので…。
上必殺ワザ3突き上げピストンパンチC地対空戦、復帰技。
上昇しながら連続パンチ。縦方向への移動力に優れる。攻撃判定も広めであり、頭上や側面からの攻撃に対して耐性がある。
対空戦では無駄に使用する。CPUが何らかの行動を行った直後に相手が空中へ移動する、或いは空中の相手が怯み状態ならば頻度アップ。命中精度は低い。
空中ジャンプ消費済み且つ高所復帰中に限り、ステージ到達直前に相手が接近すると、それに合わせて発動、勝手に尻餅落下状態へ移行してしまう。尻餅落下中は横移動力が大きく減衰し、崖端へ着地する。
下必殺ワザ1くい打ちヘッドバットD近距離戦、空対地。
クッパやヨッシーの下必殺技に似た挙動だが、コイツらとは違いシールドダメージは良心的。生き埋め属性を有する。着地時の攻撃判定が無駄に広い。
地上では距離の近い相手に対して、空中では真下の相手に向けて極稀に使用する。その頻度の低さ故に、打ち上げループハメを行っている時は警戒すべし。回避できれば長い隙を曝け出す。
下必殺ワザ2反転キックD近距離戦、空対地、復帰技。
シークやゼロスーツサムスの下必殺技と性質が似ている。こちらは背面へ跳躍し、正面に向けて突進蹴りを行う。
地上では距離の近い相手に対して、空中では真下の相手に向けて極稀に使用する。追加入力を行う頻度は限りなく低く、移動用としてのイメージが強い。
崖平行〜低所復帰にも飛距離の足しに使用するが、何故か追加入力のキックを放ってしまう場合があり、余計に復帰力が減衰してしまう。
下必殺ワザ3百裂ラッシュD隙潰し、空対地。
地上では前進しながら連続キック。空中ではその場で停滞し真下へ連続キック。
発動確率がかなり低い。隙潰しでは他の必殺技や各種スマッシュで代用するケースが殆どであり、行動キャンセルによる誘発は不可能に近い。空中では対象の頭上よりも遥かに高い位置で発動するので、こちらから攻めない限り被弾要素は無い。





主な対処法


主力技・・・





必殺技・・・ 





必殺技・・・






対地&対空技・・・





コンボ技・・・





復帰阻止・・・





復帰・・・





最後の切りふだ


切りふだ名回避難易度発動タイプ復帰中発動スマッシュボール所持中、
他CPUが復帰台に引き籠るか
スマッシュボール所持中の
他CPUの行動パターン
超絶ファイナルラッシュBファルコン型ジャンプ接近(遠、近距離)
ダッシュ接近モード(中距離)







まとめ





「」

現在の閲覧者
→2人
チャットにいる人
users.png
チャット見てる人
roms.png

メニュー

for3DS/WiiU攻略

スマブラX攻略

スマブラDX攻略

スマブラ64攻略

総合データ

特別企画

掲示板

リンク集

更新履歴

最新の10件

2017-11-22 2017-11-21 2017-11-20 2017-11-17 2017-11-11 2017-11-07 2017-11-05

任天堂ニュース

#showrss: Failed fetching RSS from the server

total: 317
today: 1
yesterday: 0