ドンキーコング(DX)


ドンキーコング

キャラクター特性

バナナが大好きなジャングルのヒーロー。マリオファミリーの一員としてレースやパーティゲームに参加することもしばしばある。

大柄で、その見た目通りにパワーに溢れ、その重量からなかなか吹っ飛ばない。通常必殺技”ジャイアントパンチ”は溜めることができ、最大まで溜めるとかなりの破壊力を得る。
長い腕を使った攻撃のリーチは、剣士系キャラのそれに勝るとも劣らない。

また、ジャングルの王だけあってかその巨体にしては素早くステージを駆け回る機動力を備え、空後の置き技としての優秀さや地上上Bの切り返し能力などからそれなりに有効な立ち回りを模索しやすい。
更に、大型キャリアを持ちながらジャンプしたり、メテオを3種(空前・空下、横B)も備えていたり、横Bで相手を地面に埋めたり、前投げ(リフティング)で相手キャラを運んだりできる唯一無二の個性を数多く備える。 投げからの火力にも目を見張るものがあり、パワータイプにしてはなかなかに出来ることが多いキャラだ。

しかし、大柄なため被弾しやすく、故にコンボも喰らいやすい・飛び道具がないため遠距離戦に弱い・縦復帰力が低いなど重量級ならではの宿命とも言える弱点も備え、特に飛び道具が強力なキャラにはだいぶ苦戦を強いられる。

飛び道具を捌くスキルに自信がある人、アピールで対戦相手をむかつかせたい人などにオススメのキャラだ。

長所
・パワーがあり、全体的に吹っ飛ばし力が高い。
・重いので中々吹っ飛ばされない。
・掴み間合いが広めで、投げからのコンボがやりやすい。また、前投げで楽に相手を運んでいくことが出来る。
・リフコンが超強力。
・リーチや判定が強いので打ち負け難い。
・上Bによる横復帰力が高め。
・メテオ技を3種類も持っている。
・大型キャリアを、リフティング状態と同じ感覚で運べる。
・重量級の割には機動力があり、ジャンプ力や空中横移動の速度も速い。

短所
・飛び道具を一切持たないため、遠距離戦が苦手。
・図体がでかいせいで被弾しやすく、シールドから身体がはみ出したりコンボをたくさん貰ったりしてしまいがち。
・出が遅かったり、後隙の大きい技が多い。
・上Bによる上復帰力が非常に低く、メテオなどに弱い。
・絶の性能が低め。
・空中で前を向いている際に気軽に使えるワザを持たない。

各種ワザ解説

ワザリスト

立ち回り・戦略など
技分類技名ダメージ備考
弱攻撃ジャブ4%
弱攻撃2アッパー6%
ダッシュ攻撃アイアンキック11%吹っ飛ばし力固定
横強攻撃コングアックス10%シフト対応ワザ
上強攻撃くもの巣はらい9%
下強攻撃足元ビンタ7%
横スマッシュ攻撃ダイナクラップ20~27%シフト対応ワザ
上スマッシュ攻撃ジャンボプレス18~24%
下スマッシュ攻撃ツインビート16~19%
空中N攻撃ドンキーラリアット10%
空中前攻撃ハンマーナックル16%出終わりにメテオ判定あり
空中後攻撃コングロケット13%
空中上攻撃エアヘッドバット14%
空中下攻撃エアスタンピード16%メテオ技
つかみ攻撃つかみチョップ3%
前投げリフティング11%更に4方向に投げ分け可
振りほどかれるとお互いに10%のダメージを受ける
後投げダイレクトスルー11%
上投げココナッツリフト9%
下投げパイルドロップ7%
通常必殺ワザジャイアントパンチ12~30%シールドボタンor横はじきで溜めをキャンセル可能
横必殺ワザドンキーヘッドバット地上:5%
空中:10%
空中でメテオ判定あり,吹っ飛ばし力固定
上必殺ワザスピニングコング地上:12%
空中:8+8+8+8+8+8+2+2%
空中版のみ連続ヒットワザ
下必殺ワザハンドスラップ11%連打可
地上限定ワザ

弱攻撃

  • A
    発生が遅めで相手のガーキャン行動に間に合わない。
    接近戦での暴れに使う。
    • A
      少し大振りなアッパー。
      ジャブ(弱1)を当てれば(上記に述べた場合を除いて)大抵はヒットする。
      弱攻撃にしては後隙が大きめだが、その分威力は高め。


ダッシュ攻撃

  • ダッシュA
    足の裏で豪快に蹴っ飛ばす。R付加値が高い技。
    相手を浮かすことができるのでコンボに使えそうに見えるが、
    リーチが短く、後隙も前隙もダッシュ攻撃にしては大きい。封印安定。

強攻撃

  • 横A
    その名の通り、手を斧のように振ってなぎ払う。
    吹っ飛ばし力がそこそこあり、リーチも長めの強攻撃。
    おまけに上下シフト可能なので、背丈の低いキャラに対してはスティックを少し下に傾けることで当てる事が出来る。
    後隙が若干大きめなのが気になるが、それ以外の点は優秀なので、
    ドンキーの地上技の中ではかなり性能は高め。用途としては牽制、復帰阻止に。

  • 上A
    蜘蛛の巣を払うように、頭上を手で払う。
    リンクの半月斬り(リンク(DX)参照)のように、前方から後方までの広範囲を円に沿った感じで攻撃する。
    対空には空上があるためお呼びで無いが、背後までカバーするという特徴を持つ。
    浮かせたらつかみか空上を。
  • 下A
    相手の足元を手で払う。かなり出が早い技。
    しゃがみ耐性がある状態から出せるのでカウンターとしても使える。
    相手との間合い取りに便利だが、かなり吹っ飛ばし力が低い。
    しかし、その分連続ヒットしやすい。
    上記の通りカウンターや防御、間合い取りや復帰阻止に有効。

スマッシュ攻撃

ドンキーのスマッシュは全て両手を使うので、
威力も吹っ飛ばし力もかなり高いが、隙が大きめ。

  • 横スマ
    両手でおもいっきり叩く。シフト可能なスマッシュ。
    リーチが長く判定も強いが、隙が大きく避けられやすい。
    ガードされるとガーキャン絶で確反。復帰阻止などで確実に当てれそうなときに。
  • 上スマ
    頭上を両手で叩く。
    発生が早く威力及び吹っ飛ばし力も強く、判定が強いので対空に便利。
    ・・・が、攻撃範囲が狭い上に、対空の面では空上の方が強いので影が薄い。
    正直言って高性能な空上に食われていて、使える状況はほぼない。
    上方向のフィニッシュではもっとも強力ではあるのだが。撃墜力の面でも上Bより発生が遅く使いがたい。
  • 下スマ
    左右に両腕を振り下ろす。ベクトルは真上。
    出が速い上に範囲も広いが、その分威力は他2つのスマッシュに比べて弱め。
    シークのように最初の振り下ろし時にクリティカルがある。
    後隙が非常に大きいのが難点。軽いキャラに対してはフィニッシュになる。

空中攻撃

  • 空中N
    両腕を広げてグルっと回転。攻撃範囲が広く、当てやすめ。しかし、やや出が遅い。
    少し威力が低めだが、他に前方向に有効な技がないので、前に飛ばしたい際はこれ。
    高性能な空後のせいで影が薄いが、反撃を食らわないように先端をあてれば前を向いて密着できることが強みである。
  • 空中前
    両腕を合わせて勢いよく振り下ろす。発生が非常に遅いが、吹っ飛ばし能力は高め。
    腕を振り下ろしきる直前で当てると斜め上、振り下ろしきるとにメテオになる。
    フィニッシュを狙えるが、非常に当てづらい。
    空上、空下、リフ等の締めに使用することがあるくらいか。
  • 空中後
    隙が少なく、判定も強めでドンキーの主力技。
    SJから積極的に振っていこう。
    ドンキーの通常技の中で最も安定かつ、高性能な技であり、
    これを主軸にするため、ドンキーは後ろを向いて戦わなければならない。
    しかし、このスタイルは得意の掴みを出しにくくなるので、
    それとの兼ね合いを考える必要がある。
  • 空中上
    攻撃の前後共に隙が少なく、驚異的なコンボ力を誇る。判定も強い。
    フィニッシュにも使える、万能技。ドンキーの主力。
    リフからのコンボや、対空技に。対空で当てるだけで何十%も与えられる。
  • 空中下
    3種類あるドンキーのメテオ技の中で一番発生が早い。
    ただし、攻撃判定はほぼ真下にしかないので決して当てやすい技ではない。
    とはいえ、リターンは非常に大きいため、有効な場面には振っていきたい。
    これから確定コンボが入る。できればリフコンにつなげたい。

つかみ・投げ

  • つかみ・つかみ攻撃
    掴み間合いは広めで、チャンスは多い。投げからは安定したリターンが得られるので積極的に狙おう。
    ダッシュ時はJCつかみで。
  • 前投げ
    リフティング。相手を担ぎ、そのまま移動することができるという特殊な投げ技。
    基本はこれから。
    相手を担いだ状態でボタン入力をすることで投げることができ、その際にスティック入力もすることで前・後・上・下に投げ分けることが出来る。
    掴まれた側のレバガチャなボタン連打などによって抜けられる(相手のダメージ量が多いほど抜けられにくい)。なので、投げるときは早めに投げてしまおう。
    リフ上投げからは追撃が非常にやりやすく、SJ空上→急降下→着キャンを素早く繰り返すコンボがとても当てやすい(リフコン)。
    また、「運べる」という性質は地続きになっているステージで画面端から投げることがやりやすい、道連れが狙えるなどの長所がたくさんある。捕まえた獲物は状況に応じて臨機応変に料理してやろう。
  • リフ上
    超優秀技。ここから各種攻撃が自由自在。
    投げ連や、空上、またゴリパンをお見舞いしたりできる。
    特に有効なのが遊撃相手。与ダメが少ないときは確定投げ連、
    中盤からずらされると投げ連、ずらさないとヘッド連ができる。
    驚異的なコンボ火力を持つので遊撃は絶対につかまれないように。
    下手をするとゴリパンや上B、横スマ、空後などで締められ、
    即死コンボ(もしくはそれに順ずるコンボ)となるときがある。

    その他のキャラもヘッドはフィニッシュになるダメージまで確定近くで当たるし、
    ゴリパンも当てられるときがある。

  • リフ下
    アンダースローで敵を投げる。場外に追い出すときに使える。
    地味に優秀な投げで、ここから復帰阻止しやすい。

  • リフ前
    オーバースローで投げる。結構上に飛ぶ。

  • リフ後
    リフ前に近い。終点ではリフしたまま落下して、窪みにこれで投げ入れ、
    敵を落とす「ゴリダンク」という凶悪な心中技がある。
    上方向復帰が弱いキャラや、遊撃などは即死する。必死に振りほどこう。
    とあるが、%によっては無理。しかし壁受身をすればドンキーだけが死ぬので
    ドンキー側もわかっていそうな相手にはやらないように。
    プププやポケスタの底に当てても相手はほぼ復帰できない。
  • 後投げ
    高性能な投げ技。威力が高め。
    場外に追い出したり、フィニッシュの際に使おう。
  • 上投げ
    浮かせられるので、お手玉できる。しかし、リフティングの上投げのほうが使いやすいためほとんど用なし。
  • 下投げ
    相手を地面に押し付け、前にダウンさせる。
    後隙が大きく、あまり使えない。
    この用途ならリフ下のほうが優秀。

必殺ワザ

  • B
    通称ゴリパン。コマンド入力をすると腕をグルグル回すことでパワーを溜め、再びボタンを押すことで溜まったパワーを拳に乗せて一気に叩き込む。ガードボタンで溜めをキャンセルし、持越しが可能。ロマンに溢れた技。
    リーチが長く、大技なのに発生も早めで使いやすい。また、空中で溜めることもできるため、ちょっとした隙を突いて溜めてみたりすることも可能。これを溜めることで相手に焦りを誘発させ、差し込み強制につなげられる。
    ダッシュSJからリーチと発生を活かして急襲するのが良い。結構あたる。
    多人数だととてもおいしい事態に持ち込むこともできる。

    上手く使えばコンボに組み込むことも可能。だが、KO可能な%まで溜まっている相手だとなかなか難しい。

    この技において重要なのは反転NBである。ドンキーはほぼ常に後ろを向いているし、コンボのシメにも必要。
    ファルコの反転ブラなど多くのキャラで重要なテクニックなので習得したい。

    その破壊力から復帰中の相手にぶっ放したくなるが、空中で出した後は尻餅落下になってしまう。
    ステージの外では使わないように。
  • 横B
    メテオ属性のある頭突き。自分と相手が地に足を付けている場合のみ、相手を地面に埋める事が出来る。
    埋まってしまった相手は何もできなくなるため、煮るなり焼くなりやりたい放題だ。埋めてからは下Bを連打すれば手軽に大幅リターンが見込める。
    しかし、発生・後隙共に非常にスローな上に攻撃範囲が極小で、この技の存在を知っている相手ならまず当てる機会がない。

    基本的には一人用モードでの大量得点入手プレイやホムコン以外ではあんまり使い道のない技だろう。
    しかし、落下を一旦中断できるため、タイミングずらしにはなる。
  • 上B
    ドンキー唯一の復帰技。通称ゴリコプター。発生が早く、切り返し技としても機能する。
    技の性質はクッパの上Bとよく似ており、地上で出した場合はヒット数が少ないが出だしの威力が高く、空中で出した場合は地上版と比べて出だしの威力は弱体化するがヒット数が多くなりダメージ量も増える。

    地上では、頭に判定があり、強力な吹っ飛ばし力がある。
    むやみに突っ込んでくる相手には決定打として機能させやすい。
    遊撃など落下速度が高い相手には、意外にもこの出だしのヒットでフィニッシュができうる。
    地上での上Bの出だし、ドンキーが掛け声を出した瞬間には、頭に高威力の攻撃判定が出ているので、
    空Aのコンボから逃れようと横にベクトル変更をかけていた相手にそれを当てれば
    ほぼ真横に飛ばすことができ、そのままKOに繋がることもある。

    空中でも出だしは結構飛ぶので、復帰阻止にも使える。
    連続ヒットさせると相当のダメージを与えられる。
  • 下B
    原作でもおなじみの技。地面を叩くことで衝撃波を発生させ、相手を浮かせる。空中では使用不可。
    吹っ飛び固定技。攻撃範囲は広めだが、空中にいる相手には一切当たらない。
    ボタンを連打することで攻撃を継続させることが出来る。

    その性質上、雑魚敵戦などでは大いに活躍してくれる技だ。また、その持続の長さから緊急回避狩りにも使えなくはない。

    対アイスクライマーでは有用な技。絶に対して置くことで引き剥がしが行える。出が遅いが、うまく使うと非常に強力。

立ち回り・戦略など

立ち回り

ゴリパンを溜めることで差し込みを強制させ、
空後・横強・下強などの隙の少ない技で差し込み拒否がドンキーの基本戦術。
ゴリパンは非常に強力なので隙を見て溜めておこう。本作品最強の近接攻撃。
しかもこれがコンボから入るのが恐ろしいところ。
空後を振りながら直接つかむか、空下からのつかみを狙おう。
リフコン(投げの項目を参照)の時間だ。
また、相手が浮いたらすかさずSJ空上を狙おう。
狩りやすい上、超コンボ火力を誇る。

厄介なのは使い勝手の良い飛び道具があるキャラだ。
何故ならドンキーは身体が大きいため元から飛び道具に弱い上に、
離れて攻撃する手段があるキャラだとゴリパン溜めによる差し込み強制が通じにくいからだ。
ジャンプしながら溜めるなどして溜めを維持しつつ、飛び道具をなんとか捌いていきたい。


ガードが非常に小さいことが弱点なので、薄ガードの習得は必須。
しかしノックバックが大きくなりガーキャン掴みはやりにくくなるというジレンマを抱える。

復帰

空中ジャンプ→上Bの一択。崖のやや下の辺りから上Bで崖捕まりだ。しかし、むしろ
阻止されても致死の事態に陥らないように高めから早めに上Bしたほうが安定する。

上Bの横復帰力や発生の早さ、強判定から総合的な復帰力は決して低くない。が、縦にだけはさっぱり伸びないため、少し早めに出すことを心がけたい。
この技による復帰のコツは、左右にゆらゆら揺れながらフェイントをかけ、
復帰の軌道を読まれないこと。この点を工夫することで生存率は上昇するだろう。
メテオ攻撃には弱く、もしこれを喰らってしまうとメテオ返しをしてもステージに戻れなくなることが多いので注意。

復帰阻止

空中後が使いやすい。メテオの空下もよい。不意打ちで上Bもあり。
空前は後隙の大きさと上Bの縦復帰の弱さから迂闊に出すと危険。慎重に。

地上なら下から復帰してくる相手には下強がいいだろう。低空に吹っ飛ばすため、落下速度が高いキャラには致命傷となる。
もちろん、相手の復帰に合わせて横スマやゴリパンでもいい。上から復帰してくる相手には地上上Bという手もある。下から来る場合は、空下や下スマも。

現在の閲覧者
→7人
チャットにいる人
users.png
チャット見てる人
roms.png

メニュー

for3DS/WiiU攻略

スマブラX攻略

スマブラDX攻略

スマブラ64攻略

総合データ

特別企画

掲示板

リンク集

更新履歴

最新の10件

2019-07-17 2019-07-11 2019-07-05 2019-06-23 2019-06-11 2019-05-11 2019-04-28 2019-03-01 2019-02-26 2019-01-25

任天堂ニュース

#showrss: Failed fetching RSS from the server

total: 41711
today: 5
yesterday: 1