BPELPMInstall


(Oracle BPEL Process Manager 10.1.2.0.0時点の情報です)

ドキュメント 「Oracle Application Server Integration インストレーション・ガイド 10g リリース2(10.1.2)」 も参照してください。

Oracle BPEL Process Managerのコンポーネント

Oracle BPEL Process Manager (BPEL PM) には、以下のコンポーネントが含まれています。

BPELサーバJ2EEアプリケーションとして実装された、BPELプロセスの実行環境
デハイドレーション・ストアBPELサーバの構成情報、BPELプロセスの監査情報や実行中のBPELプロセスの中間状態を格納するDB。「デハイドレーション・データベース」、「インテグレーション・リポジトリ」などとも呼ばれます
BPEL DesignerBPELプロセスを開発する開発環境。JDeveloperの拡張機能として動作

BPELサーバは、J2EEアプリケーションとして実装されているので、技術的には任意のJ2EEコンテナ上で動作するはずです。インストール・オプションとしては、Standalone OC4J (Javaプロセスのみの軽量なJ2EEコンテナ)、OracleAS (Oracle Application Server) (OC4Jを中核に持つ本番環境向けのアプリケーション・サーバ)があります。また、JBoss、WebLogic?での実績もあります。

デハイドレーション・ストアも、技術的には任意のRDBMS上で動作可能ですが、インストール・オプションとしては、軽量なDBであるOracle Lite、または本番環境向けのOracle Databaseのいずれになります。

BPEL Designerは、BPEL PMのインストーラでは、オラクルのJava IDE「Oracle JDeveloper」にBPEL開発機能の拡張機能 (プラグイン) が組み込まれたものがインストールされます。米国のOTNで公開されている、Eclipse向けのプラグイン を使うこともできます。

Oracle BPEL Process Managerのインストール・タイプ

  • 「Oracle BPEL Process Manager for Developers」

このインストール・タイプでは、その名の通り開発環境を意識した構成となります。J2EEコンテナもDBもまとめてインストール可能です。

  • Standalone OC4J (軽量なJ2EEコンテナ)
  • BPELサーバ
  • Oracle Lite (軽量なDB)
  • JDeveloper / BPEL Designer
  • 「Oracle BPEL Process Manager for OracleAS Middle Tier」

このインストール・タイプは、本番環境を意識した構成となります。インストール前に、OracleAS 10.1.2がインストールされている必要があります。また、デハイドレーション・ストアとして使うOracle Databaseも、別途用意しておく必要があります。

  • OracleAS (既存のアプリケーション・サーバ)
  • BPELサーバ
  • Oracle Database (既存のデータベース)
  • JDeveloper / BPEL Designer

開発環境向けのOracle BPEL Process Managerのインストール

ここでは、BPEL PMをとりあえず触ってみたい開発者がWindowsにインストールする場合を想定して、その手順をまとめます。

1台のマシンですべて動かす場合、メモリは最低1GBないと少し厳しいかもしれません。ちなみに、メモリが少ない場合は、BPELサーバとデハイドレーション・データベースは別のマシンで動かすこともできます。

BPEL PMのダウンロード

OTNOTN Japanから、BPEL PM 10.1.2をダウンロードします。

BPEL PMのパッチのダウンロード

OTNから、BPEL PM 10.1.2向けのパッチをダウンロードします。


「Oracle BPEL Process Manager for Developers」のインストール

BPEL PMを展開し、インストーラを起動します。インストール・タイプとして「Oracle BPEL Process Manager for Developers」を選択して、インストールします。

Windowsの場合、[スタート]メニュー > [Oracle - <ORACLE_HOME名>] > [Oracle BPEL Process Mnager 10.1.2]に、BPELサーバの起動/停止、BPEL Designerの起動などのショートカットが作成されます。

パッチ4369818の適用

「Oracle BPEL Process Manager for Developers」の場合、パッチ4369818を適用する必要があります。ダウンロードしたパッチを展開し、 パッチ4369818 (p4369818_101200_GENERIC.zip)も展開します。コマンドラインで、下記のように適用します。

set ORACLE_HOME=<BPEL PMのインストール先ディレクトリ>
set PATH=%ORACLE_HOME%\Opatch;%PATH%
cd <パッチ4369818の展開先ディレクトリ>\4369818
opatch apply

Oracle Databaseを使う構成への変更

「Oracle BPEL Process Manager for Developers」がデフォルトで使うOracle Liteは、マルチバイト対応していないので、BPEL Console (運用管理ツール) からBPELプロセスの変数などを確認するときに、文字化けが発生することがあります。

BPELプロセスの実行自体には問題がないので、そのままでもかまいませんが、可能であればOracle Databaseを使う構成にすることをお奨めします。

手順としては、DBにBPELサーバが使うスキーマを作成し、BPELサーバの稼動するJ2EEコンテナのJDBCデータソースの設定を変更し、BPELサーバ起動スクリプトでOracle Liteを起動しないようにします。

詳細は、インストレーション・ガイドをご覧ください。

BPEL PM 10.1.2 パッチ1の適用

BPEL PM 10.1.2向けのパッチ・セットとしてPatch 1 (パッチ4406640)が公開されています。ダウンロードしたパッチを展開し、次のコマンドでパッチを適用します。

cd <パッチ4406640の展開先ディレクトリ>\4406640
obpatch apply <BPEL PMのインストール先ディレクトリ>

BPEL PM 10.1.2 パッチ2の適用

TODO


BPEL PM 10.1.2 パッチ3の適用

TODO

最新の20件

2007-02-17 2006-09-22 2005-11-25 2005-10-30 2005-10-29 2005-09-07 2005-08-22

  • counter: 4671
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1