通称集


用語集

通称集

主に2chや動画サイトなどで使用される武将名および勢力の通称一覧。
トレード希望やトレード診断の際には非常に解りづらいので迷惑がかかり、トラブルの元になる。
トラブル防止のためにも、カードNo、計略、レアリティを全て正式名称で書けば誤解も無いだろう。
聞いたことの無い通称も多々ありますので御了承下さい。

ぶもぉぉぉ / 牛

牛金のこと。 武将カード「牛金」の各種セリフのかけ声。姓が牛だからってぶもぉぉぉって……。
旧シリーズではまだ汎用台詞もあった為マシだったのだが、本作では見事なまでに牛。
裏面の一言から攻城時などの言葉まで猛牛で統一されたSSQの被害者。
そのため、「ぶもぉ」という愛称がついた。

t()/ ¥/トンエン

夏侯惇と夏侯淵の名前から命名。

ぶんきっき/シュトヘル

蔡文姫こと蔡琰の事。
字の「文姫」の部分をもじってこう呼ばれる。
魏の方はシュトヘルコラボに巻き込まれてしまった為、こちらはシュトヘルと呼ばれる事も。


イク様

荀彧の事。計略「玄妙なる反計」の通称が「ジュンイク様がみてる」である事から、
ジュンイク様が縮まってイク様となった。ゴリと共に、定着度は極めて高い。
本来の意味では、R荀彧を指すが、どの荀彧にも適用される。

文帝

曹丕のこと。
諡が文帝であることから。魏文帝とも。内政が優れていた皇帝に贈られることが多い諡。
Ver2.1の頃からカード裏に記されていたが、呼ばれるようになったのはVer3.0から。
父(魏武帝)の諡が付いている「魏武の大号令」に計略変更された為、
一部のプレイヤー(三国志ファン)が疑問に思い、口にしたことがきっかけで広まったと思われる。
第3弾ではついに文帝の計略名を持った曹丕(文帝の覇道)が追加された。

はるか / 鬼嫁

張春華のこと。訓読みすると「はるか」になるため。
鬼嫁は言うまでもなく史実から。
後者は裏面のテキストにある通り、夫を震え上がらせる鬼嫁であったことから。

来来

張遼のこと。
史実にある「遼来来(張遼が来るよ)」から。
新シリーズでは、第1弾SRのカードが自分から名乗りまくる。
「遼来来!命を捨てたい者だけかかって来い!」

ウホ徳

龐徳のこと。
龐徳の「龐」は通常変換する事ができない。
そこで掲示板などではホウ徳と表記する事がほとんどで、
そのホウが「ウホッ!いい男」という一時流行となった言葉の影響からだろうか、
ウホ徳と一部で表記する人が現れた説が大きいと思われる。
だが、この愛称を嫌がる人は少なからず居る。
ただ、スペックは何と言うかウホ気味。


鶏肋 / k6

楊修のこと。
元々は中華料理でスープのダシを取るのに使用する鶏がらのことで、
転じて「大して役に立たないが、捨てるには惜しいもの」という意味。
この言葉を曹操が何気なく口にした際、意味を間違えて解釈したため逆鱗に触れてしまい処刑されたのが楊修であることから。
大戦に限らず、他の三国志物でも使われている通称。ただ、大戦では更に略してk6と呼ぶ人もいるようだ。

T夫人

丁夫人のこと。
漢字変換が面倒だからと英文字を代わりに使用ている者もいる為。
新シリーズでは、曹昂を失った悲しみから病んでしまっている。

ゾイ

文聘のこと。
旧作での特徴すぎるセリフの語尾により命名。
本作ではなくなった…と思いきや、走射アクションで見事にやらかしてくれた。

関雲チョー

関羽(武の咆哮)のこと。
CVがチョー氏な事から関雲長に掛けて呼ばれている。


なんとかしてくれる人

周泰のこと。
2chでたびたび貼られた「周泰なら何とかしてくれる…」のAAから命名。
新シリーズでも健在。しかも迎撃時に「へやぁ!!」と叫ぶ。

矢印ハゲ / 矢印

朱桓のこと。由来はイラストで頭に描かれているから。
本作でもイラスト担当は変われど見事に受け継がれ、さらには族弟の朱拠にも受け継がれた。

朱治キュン

朱治のこと。
字の「君理」とカードの微妙に「萌え」な絵柄からしばしば「きゅん」付けされる。
イラストの年齢は不詳だが、現実では孫堅と同年齢である。
新シリーズでは開き直って一部男性武将のショタ化(CVも女性声優)が進んでおり、彼も例外ではなかった。

ロバ

諸葛瑾のこと。
顔が面長でロバに似ていることを孫権を始めとした周囲の人々にからかわれていたという逸話から。

二喬

「江東の二喬」より。読んで字の如く、大喬・小喬のこと。
美人姉妹という設定も手伝って、イラストも2人揃って美人に書かれているためコレクション性は高い。


孫パパ / パパ / 堅パパ / 堅い方のそんけん

孫堅のこと。孫権と読みが重なるので。
孫呉限定の状況では「パパ」だけで孫堅を指す。
というか他の勢力では誰かを指してパパという呼称が使われる事は少ない。
また、字面から「堅い方」と言ったりもする。

孫堅「孫文台を知らぬのか」⇒ (´・ω・`)知らんがな
はもはやお約束。
本作でも復刻した為、この流れはできたりする。

ママ

呉夫人のこと。
孫策、孫権の母だったことから。また、夫である孫堅が通称「パパ」だというのも理由の一つ。

名君 / 権坊

孫権のこと。 孫家の中で見た目から幼いので「権坊」と一部で言われている(出所は某ゲーム三国無双の孫権からである)。

槍策 / 馬策

孫策(雄飛) / 孫策(蛮勇) のこと。
雄飛孫策・蛮勇孫策も短縮された呼び方だが、チャットなどで更に短縮された。
馬策に限れば、快進撃孫策が帰ってきたため、計略(蛮勇/快進撃)で呼び分けるべきだろう。
さらに第3弾では小覇王の二つ名の由来である項羽本人が1.5馬の孫策(虎児の覇気)として追加。これもうわかんねえな

フトシ君 / シジー

太史慈のこと。由来は名前から。
大元は呼び間違えで「ふとしじ」と読んでいた人が居たから。
シジーも名前のもじり。
字の『子義』からシギーと呼ぶ人も稀にいる。


二張

「江東の二張」より。読んで字の如く、張紘と張昭のこと。コスト1高知力槍兵となって復活。
名参謀という設定であるが故、イラストも2人揃って老人として書かれている。

トカゲ/リザードマン

陳武のこと。絵から命名。 旧作ではまだリザードマンっぽい程度だったが、本作では物の見事にリザードマンに。
しかしセリフはとても可愛いヤツ。

リューサン/キャーリューサーン/モヒカン

留賛のこと、およびC留賛に対する声援のこと。
ネタはオンラインゲーム「FFXI」のネ実における竜騎士の通称、声援。
名前の読みが同じであることに加え、当時最弱ジョブと呼ばれた竜騎士と、
クセのある能力値からカワイソスカード扱いされるR留賛の立場が似ていることが原因と思われる。
真面目に留賛を使ってる人もいるかもしれないので、そういう人の前ではあまり言わないようにしてあげよう。
新シリーズでは第2弾にて某世紀末なモヒカン姿で帰ってきた。
相変わらずクセがある計略だが、デメリットが微弱な毒と歴代留賛としてはかなりマイルドに落ち着いている。

しょこたん

小虎のこと。
小虎をひらがな読みすると「しょうこ」となり、漢字の読みが某アイドルと同じことから。
稀に孫尚香の事を指す事もあるので混同注意。


カンヌ/髭

関羽のこと。
「かんう(ローマ字でkannu)」で変換すると、IMEのデフォルト設定ではローマ字入力で
「n」の過不足を自動修正するという(余計な)機能が働いてカンヌになってしまい、
変換が面倒くさいためそのまま使う人が多数いるためつけられた。
また、変換が面倒なときは史実に則りヒゲと呼ばれることも多い。

KGP

関銀屏のこと。
理由は名前をローマ字で表わすとKan Gin Peiだから。
名前の付け方が某ホラーゲームのSDKまんまである。
他にも銀子、銀ちゃん、関子、銀ペー等と呼ばれる。

生姜

姜維のこと。読みは「しょうが」。レアリティを頭につけ「R生姜」等と記される事が多い
「姜維」が一度で変換できない為、「生姜」「繊維」と変換し、文字を削って「姜維」としていたが、
面倒くさい為、似た文字列そのままの「生姜」でいいよ、となった。

弓爺

黄忠のこと。兵種から。厳顔と組んでじじいコンビとも。

ダブルライダー

蜀が誇るコスト2.5騎兵ユニット、馬超と趙雲(人馬一体)のこと。
計略使用時にさらに速度ブーストがかかり、手がつけられない(妨害とか攻撃計略除く)のが名前の由来。
原典の仮面ライダーでもそう呼ばれている事に加え、国姓爺覇王氏がデッキ点数表で呼んでいたため、
趙雲:技の1号
馬超:力の2号
と呼ばれる事も有る。

各勢力の優秀な高コスト騎馬2枚組をもってダブルライダーと称する場合も有り。

子守り / 子連れ

趙雲(神速/人馬一体)のこと。故事および趙雲の図柄より命名された模様。
槍趙雲は残念ながら阿斗はいなかった。

長坂の戦いにおいて劉備の子、劉禅を単身救い出した。
負傷していた麋夫人はこの際、足手まといになることを恐れ空井戸に身を投げ自害。
(これが麋夫人の異名「井戸ダイバー」の由来)
また、Ver3においては更に劉禅を上着の胸部に入れ、単身敵陣突破を図る勇ましい図柄に変更されたのだが
胸をはだけていることに加えて抱えた劉禅が影になって胸部と一体化してしまっているように見える事から

チョロマツ / チョロ / ハリマツ

張松のこと。 呉の張昭(チョウショウ)と読みが同じため、両者を区別するため以前から三国志ファンの間では
「チョウショウ」と「ハリマツ(チョウマツ)」という呼び分けがなされていた。
このゲームでの張松は騎馬+挑発という敵にするとかなりの鬱陶しさで、
チョロチョロと逃げ回るため「チョロマツ」になったものかと思われる。

山頂布陣 / 斬られ役 / 出来ない子

馬謖のこと。略して山頂とも。
馬謖が山頂に布陣して敗北した史実から。
漢字変換が面倒くさいためこのように呼ばれる。
尚、泣馬謖斬(ないてばしょくをきる)の故事から、「斬られ役」などというあまりにもあんまりな呼ばれ方をすることも。

ここにいるぞ! 

馬岱のこと。元ネタは横山三国志で魏延が謀叛した際、
「俺を斬れる者はあるか」との言葉に「ここにいるぞ」と答え切り伏せた場面から。
三国志大戦では伏兵解除時に「ここにいるぞ!」と叫ぶ。
それだけでなく一騎打ち開始時の「我が名は馬岱」というセリフや、一騎打ち勝利時にすら「ここにいるぞぉ!」と叫ぶ事など、
またステップアップガイドで風間雷太氏によって色々とネタにされた事で、「自己主張の激しいキャラ」というイメージが確立された。
何故か本作では群雄の馬岱まで「ここにいるぞ」と言い出した。
第2弾では風間雷太版「ここにいるぞ!」も復刻。突撃時にも「ここにいるぞ!」と元祖の貫録を見せている。

白眉(はくび)

馬良のこと。
白い眉が特徴だった人物らしく史実から引用。
兄弟の中でも特に優秀で、白眉最も良しとまで言われた。
イラストももちろん白眉です。

井戸ダイバー

麋夫人のこと。
長坂の戦いで負傷した麋夫人が足手まといになることを恐れ井戸に身を投げ自害した故事より。

凡将

廖化のこと。史実でのエピソード、カード裏の文章、能力から命名。
本作ではあの名セリフは聞けない…と思いきやしっかりさんぽけで聞けます。

鮑 / あわび

鮑三娘のこと。変換がめんどくさいため、「鮑」「あわび」で済まされる事から。
「娘のあわび」ハァハァ(´Д`;)などと思ってはイケません。

KI / KI皇后

敬哀皇后のこと。
漢字変換が面倒である故に自然と略されて出来た通称。

ボク

穆皇后のこと。漢字変換が面倒だったのか。
木鹿大王との混同に注意。
公式も分かっているのか、遂にボク少女になってしまった。

雷様

雷銅のこと。イラスト、文章、台詞、計略……、その全てから命名。

群雄

はちみつ / 陛下

袁術のこと。はちみつを欲して死んだ故事より。
ちなみに群雄伝・袁紹伝の第五章でもエンディングイベントでそのエピソードが語られている。
Ver2までのUC袁術の計略「偽帝の勅命」の武力上昇ははちみつ効果との噂。ただし猛毒。
また皇帝を僭称したために、袁家スレなどで「陛下」といえば袁術を指す。
新シリーズでは群雄所属で再登場。
はちみつの代わりに自らの衝車を吹っ飛ばして相手を灰に還す計略「自爆」を使う。

KJA

高順(陥陣営)のこと。
計略「陥陣営」を関銀屏や刑道栄と同様にKJAと略した所から、そのまま武将の略称と転じたもの。

チョー角/教祖

張角のこと。
言うまでもなく黄巾賊(太平道)の教祖であるため。
チョー角は、本作(第1弾SR)のCVがチョー氏なため呼ばれている。つまり関雲チョーと同じ。

張魯も教祖だが「お米」の呼ばれ方が浸透しているためあまり使わない。

お米 / ※

張魯のこと。
絵、計略、文章、その全てが物語っている。
後者は張魯→米→米印→※という流れ。
米を食べなさい。
新シリーズでは貴重なノーリスク復活計略持ちなので、
呂布など高コスト高武力武将で組んでお米で復活させるデッキが確立したり。

大将軍

張勲のこと。「様」付けで大将軍様と呼ばれることもある。
カードテキスト・撤退時のセリフより命名。
特異なキャラ性と、攻城兵デッキではまさに大将軍的な存在であることから、
すっかり親しまれるキャラとして定着した。
新シリーズでは自身も衝車を率い、計略も攻城兵限定号令を携えている。

ちなみに、漢軍として復帰した何進も漢王朝の大将軍である。

小力

張繍のこと。
読みが「ちょうしゅう」かつ、芸人の長州小力に似ていることからVer1.1時代に名付けられた。

ゴリラ / ゴリ

張梁のこと。絵から瞬時に命名された模様。
おそらく大戦プレイヤーに一番浸透しているであろう呼称。
「チョウリョウ」と言う発音が張遼と大変紛らわしい事もあり、この呼称が物凄い勢いで広まった。

また、バナナと言うと張梁の計略の事を指す。
こちらも恐らく「ゴリラの回復計略→大好物でも食ったに違いない→バナナ」という流れで命名された。
その影響で、他の回復計略もバナナと呼ばれることがある。
例:忠義の援兵(現在は使用者が排出停止)=束バナナ、的確な援兵=投げバナナ

新シリーズでもイラストが変われどゴリラは健在。ある意味元祖SSQの1人と言える。

TandC / T&C

程遠志のこと。

メタボ / おじい様

董卓のこと。新シリーズでは(暴虐なる覇道)、(滅葬の魔王)、(撃昂の覇弓)の3人がいる。
イラスト変更で肥満体質になってしまったため、こう呼ばれるようになった。
後者は暴虐と相性のいい退路遮断を持つ、かわいい孫娘(董白)がいることから、一部ではこう呼ばれているとか。
第2弾で新シリーズ3枚目の董卓が追加。1枚目の董卓(暴虐なる覇道)と同じ絵師なので若かりし日の董卓と解釈されており、
3枚ある董卓のなかで唯一メタボに見えない。

ツンデレ

呂姫のこと。
由来は2ch三国志大戦本スレ内で書き込まれた呂姫のツンデレ設定のネタがそのまま定着した模様。
「べ、別にアンタの為に強くなったワケじゃないんだからねっ!
          アンタ達君主が情けないから守ってあげるだけなんだから!!」
「か、簡単には屈しないんだからっ!」

※ツンデレとは普段ツンツンしているが
 二人っきりor仲良くなると、とたんにデレデレしてしまう人の事
 彼女の場合普段は劣化(呉)孫尚香という微妙な性能(デレ)だが、計略発動で鬼と
なる(ツン)という解釈が一般的。
 ツンとデレが逆な気がするのはご愛嬌。

なお、本作の呂姫は2枚とも武の求道者みたいなキャラ付けなため別にツンデレっぽくない。
ちなみに董白は、デレがどこにもないので、正確には「タカビー(高飛車)」であろう。

御大将

呂布(天下無双・飛)のこと。
群雄の高コスト基本兵種として大将級の活躍をしてきたことから、2ch他軍スレではこう呼ばれた。

ネクロマンサー / ゾンビマスター

馬騰のこと。
「強化して復活させるが効果が切れると撤退」という計略効果が味方をゾンビ化しているのでは?という解釈されたことから。

フルアーマー / 巨神兵 / π /ジャガーノート

兀突骨のこと。
イラストを見たまんまと、Ver2.xにあった騎兵・槍・弓から身を守るその装備アイテムより。
πは兀と字形が似ているため。n突骨とも表記される。
ジャガーノートとは某アメコミ漫画のキャラで見た目からで一部の人にしか分からない。

出汁大王

朶思大王のこと。
やはり漢字変換がめんどくさいからという流れから生まれた。

おとこ軍

漢軍のこと。
漢軍の「漢」という文字が「おとこ」とも読まれることが多々あるため、ちなみに「おとこ」という読みは当て字。
中国語で「漢」という文字に「立派な男性」という意味も込められていることが「おとこ」と呼ばれる由来だと思われる。

殿

袁紹のこと。文脈などによって漢軍or旧袁紹軍の話とわかるときに。

スーパードクターKada / SDK / 医者

華佗のこと。
華佗の絵師の代表作に『スーパードクターK』シリーズというものがあることと、
華佗自身も頭文字Kということでこう呼ばれる。
新シリーズでも復活したが、イラストがSDKの人ではなくなったためか、勇猛は削除された。
また、計略の浄化効果も漢鳴2以上と重い制約も付いた。が、素の状態のオーバースペックぶりは健在。

ザンボット3 / グレンラガン

皇甫嵩(復刻)のこと。
どちらも兜の三日月状の飾りからの連想だが、どちらを先に連想するかで世代がばれるともいわれている。

漢パパ

孫堅(漢)のこと。
漢軍に所属するパパということから。
「Rそんけん」では誰を指しているのか紛らわしいためこう呼ばれる。
本作ではレアの孫堅は彼しかいない為、まず間違えないだろうが。
…と思ったら、通常排出とは別に旧シリーズ版の孫堅も復刻。

イケメン / ブサメン

顔良/文醜のこと。
字面だけでなく、顔良は実際に美形だったため、文醜は実際にブサイク(逝けメン)だったために
顔良・文醜と言う綽名が付いたとする説がある。

二枚看板

顔良、文醜のカードの通り名であり、二人を一纏めにしてこう呼ばれる。

豊田 / TOYOTA / 投獄じじい

田豊のこと。
前者二つは(漢字変換の問題から)めんどいから田豊は豊田でいいや→(漢字変換も面倒だから)豊田はTOYOTAでいいや。
の結果、こうなった。
後者は官渡の戦い前に投獄されていたこと、そして逢紀の讒言が元で獄死した史実から。

王子 / プリンス

王子服のこと。
本来、王 子服であるところを王子 服と分けて読まれることから。
本作では見事に王子の服。

毛布 / 東芝 / GUY

鄧艾のこと。
毛布は断崖絶壁を毛布に包まって越え、蜀征伐に成功したという故事から。
東芝は例によって漢字変換がめんどくさい(と言うか、JIS第二水準外のため通常変換できない)から
「よく似ている東芝でいいじゃん」と言う流れから。
ただしこの呼び方は、場合によっては蜀の鄧芝を指す場合もあるので注意。
GUYは名前の読みから。艾は変換は出来るものの変換しづらい為こう呼ばれることがある。

未分類/分類不能

三国

魏・呉・蜀の3勢力をまとめて言う際の総称。表三国と呼ぶ事もある。
カード総数の多さや、三国志を扱う各種メディアによる固定人気と言った面もあるが、
使用率がこの三国だけで常に75〜80%前後を占めており、名実ともに三国志大戦の主役である事を示している。

裏三国

Ver2まで存在した西涼・袁・他の3勢力をまとめて言う際の総称。三国に対応して裏三国と呼ぶ。
カードの総枚数や人気の問題で、使用率そのものは表三国に比べて高くはないが、だからと言って弱いのかと言えば決してそうではない。
勢力の特徴を全面に押し出した戦い方を心掛ければ、三国を十分圧倒できる底力を秘めている。
実は三国志大戦2の全国大会で表三国使いが優勝したことは1度もない。
2回とも裏三国使いが優勝を収めているのだ(人馬と爆進、三国志大戦1のときは甘皇后デッキ(蜀)の君主が優勝)。

三国志大戦3稼働により、群雄勢力として統合されて消滅。
Ver3.1では新勢力・漢が登場し、裏三国は二国に再編された。

  1. デッキの鍵となる女性武将を指す。
    「〜の舞い」を持つ武将、流星系計略の小虎・大虎、加速する攻城兵の黄月英など。
  2. デッキ中の紅一点を指す。
    特に武将名に「姫」のつく蔡文姫、夏侯月姫、張姫、周姫、呂姫、芙蓉姫(排出停止)を指す。
    漢軍の甄洛も姫と呼ばれている(別ゲームで甄姫という呼び名が定着している側面もある)。

いずれにせよ「姫」だけでは特定できない。
何を指しているかは文脈から読み取るべし。

三馬鹿

馬元義、張曼成、程遠志のこと。
こちらは黄巾三馬鹿とも呼ばれる。
能力は平凡だが3枚そろって仲良く復活もちなので、捨て駒や殿など主に雑用係として働く。

余談だが、三馬鹿喪称の元祖は【ゴリ、周倉、邢道栄】である。
今はゴリ以外は隠居してしまったが、三馬鹿と呼ばれこのトリオが真っ先に思いついた君主もいるのではなかろうか?

田中一郎

チュートリアルや英傑伝に登場する、にやけ顔の軍師の通称(非公式)。
大戦2の頃まで正体不明、姓名も字も不明なので「田中一郎」として親しまれてきた。
セガの各ゲーセン向け販促素材に「軍師君」の名で紹介され名前が判明した。
Ver.3.12からは、特別進軍の際に、「殿!まだあきらめるのは早いですぞ!」と言って出てくるようになった。
Ver.3.5では遊武錬の章最終話で奥義セリフを引っさげ敵として登場。
余談だが、戦国大戦の軍師の正式名称が田中一郎に決定した。

軍師君の項目も参照のこと

[[通称集(旧シリーズ)]

旧シリーズはこちらから。

通称集/Ver2.xx以前

旧シリーズのVer2.xx以前の武将についてはこちらから。