生贄


用語集

生贄

味方を撤退させて強化する計略を使うときに、撤退させられる側の武将を指す。
「エサ」とも。また「反逆の狼煙」という計略名にあわせて「薪」とも呼ばれる。
主にコスト1の計略要員、あるいは復活持ちの武将が選ばれる。たまに瀕死の武将が選ばれることもある。

また、高コスト武将やキー計略持ちの武将を逃がす為、しんがりとして敵部隊の足止めをさせる武将のことを指すこともある。