人物紹介 / 袁尚


袁尚

その美貌と武勇を父に溺愛された袁紹の三男。
劉備が徐州を再奪取して曹操に攻められていた頃、病気に罹っていたようでそれを理由に袁紹が出陣を拒否している。

袁紹の死後は逢紀、審配らによって後継者に立てられるが、それを良しとしない袁譚と跡目争いを始めてしまう。
当初は優勢であったが袁譚が曹操と組んだことで形勢が逆転して攻め滅ぼされ、次兄・袁煕の元へ落ち延びる。
その後は烏桓の蹋頓と組んで曹操に対抗したりもしたが、さらに落ち延びた先で公孫康に殺害されてしまう。

父に高く評価された武勇については、前述の通り実際に袁紹没後の袁譚との対立において
袁譚に曹操との一時和睦を決意させるほどの猛威を振るっており、武官としてはそれなりの将才があった模様。
演義では彼の武勇を強調するシーンとして、曹操配下の武官・史渙を一騎打ちで討ち取るという描写がある。
しかしながら人格面は袁譚に劣っていたようで、袁紹の死後に崔琰を招聘するも断られると、怒って投獄するなどの愚行が記されている。
その最期もあわよくば公孫康の勢力を乗っ取ろうとして遼東に逃れるが、曹操と敵対したくない公孫康に先手を打たれ、冷たい地に座らされて筵を求めながら斬首されてしまうという情けなさ。
豪腕・有能ではあったのだろうが、袁紹に溺愛されたお坊ちゃんらしい甘さ・無鉄砲さが最後まで付きまとった人物であった。