人物紹介 / 臧覇


臧覇

徐州で独立勢力を築き「奴寇」という異名で知られた武将。
本来は呂布とは対等な同盟関係にあったのだが演義では呂布配下とされ、各種創作でも演義を踏襲して呂布とは主従になっている事が多い。
呂布が捕縛されると逃亡して身を隠していたのだが、曹操が賞金を掛けて探し出したため捕えられる。
曹操と面会したところ気に入られ、以降は正式に曹操軍として戦っている。

なお独立勢力を築く前は陶謙に協力して黄巾討伐に出陣しており、
曹操に従った後も曹丕の代まで出陣、曹叡の代まで存命が確認されている。
地味にかなり長い戦歴を誇る将であり、曹丕は軍事行動を起こす度に歴戦の猛者である彼に諮問したとも言われる。

演義では赤壁で龐統が連環の計を仕掛けた時に、西涼で馬騰、韓遂が反乱を起こしたという情報が流れると、
徐庶と共に西涼へ出陣したのが最後の登場となっている。