人物紹介 / 沮授


沮授

袁紹に仕える幕僚の一人で、後世において田豊と共に張良、陳平に匹敵すると評された謀将。
元は冀州刺史・韓馥の配下だったが袁紹が韓馥から冀州を譲り受ける際には韓馥に反対するも聞き入れられず、そのまま袁紹配下となる。
袁紹に献策を却下されるところも田豊に似るが、官渡の戦いで慎重論を唱えた時に投獄はされていない。
ただし病気を理由に軍の指揮を辞退して袁紹の怒りを買い、自身の軍勢を郭図に預けられてしまっている。
袁紹や諸将との折り合いが悪かったにも関わらず袁家には絶対の忠誠を誓っていたようで、
曹操の誘いを断り続けた挙句脱走を図り処刑される下りは正史にも記載がある。
演義では決して節を曲げぬ最期に心を打たれた曹操が、黄河の畔に「忠烈沮君之墓」なる墓標を建てている。

官渡の戦いで死亡していることから、本人は袁譚・袁尚の後継者争いに直接関わってはいない。
袁紹が袁譚を本拠地である冀州から離れさせようとした時に反対したと言われており、
ここを見ると袁譚派の人物のようにも見えるが、後に息子の沮鵠は袁尚配下になっており、真意は定かではない。

三国志大戦では1の頃から一貫して高知力・武力1の参謀タイプ、もしくは軍師カードとして登場するのだが、
官渡戦前に郭図の讒言を受け、沮授の軍権が沮授・淳于瓊・郭図で3分割される前は奮威将軍として袁紹軍の総司令官的なポジションにあり、
また軍権分割された後もその1/3を指揮する立場にあった事から、
実際の所は純粋な軍師ではなく、参謀、兼将軍職的な地位にあったと思われる。