人物紹介 / 朶思大王


朶思大王

演義にのみ登場する、南蛮の地にあるとされる洞窟・禿竜洞の主にして孟優の知己。

諸葛亮に知略での勝負を求める孟獲に、南蛮随一の知恵者として孟優に紹介される。
禿竜洞へ進攻する蜀軍が、4種類の毒泉を進むように仕向けて目論見通り進軍を鈍らせる。
しかし孟獲の兄・孟節が蜀に味方して兵を治療したため、禿竜洞に蜀軍が到着し敗れている。

敗北後、孟獲が木鹿大王の下へ救援を求める間の守備を任されるが、蜀軍との乱戦の末討ち死にしている。