人物紹介 / 呂凱


呂凱

戦国時代・秦の宰相を務め始皇帝の実父という疑惑を持つ男・呂不韋の末裔と伝わる。

劉備の死後、雍闓が呉と通じて蜀に反乱を起こすと、王伉と組んで侵攻を防ぎ、諸葛亮が出陣するまで持ちこたえる。
雍闓は諸葛亮が到着する前に内輪もめで殺害されるが、永昌郡を守り抜いたことで諸葛亮に称賛される。
その後諸葛亮の南征が済むと雲南太守に任じられるが、南蛮が再び反乱を起こした際に殺害されている。

演義では雍闓の反乱を防ぐところまでは一緒だが、諸葛亮の南征に際して平蛮指掌図という地図を献上し、さらに従軍している。

ちなみに、呂岱の息子に同名の別人が存在する。