人物紹介 / 劉焉


劉焉

前漢の魯恭王劉余の末裔で、劉表とは同一の祖先を持つ。
ちなみに劉余は景帝の子で武帝や劉備が祖先と称している中山靖王劉勝の兄弟に当たる。

霊帝期に朝廷に仕えると、地方への支配力低下を理由に州牧を設置して清廉潔白の人物を任命するよう進言する。
そして自身も中央で政争に巻き込まれることを嫌い交州牧に任命されようとしていた。
しかし董扶から「益州に天子の気がある」という進言を受けると益州牧に任命され、董扶を連れて益州に赴いている。

益州の治安を安定させてからは独立する意思を露わにしており、東から来た難民を東州兵として組織したり、
五斗米道の教祖・張魯を漢中に派遣して中央との分断を図ったりしている。
また、呉懿の妹が「高貴な身分になるだろう」と鑑定されると三男・劉瑁に嫁がせている(が、劉瑁は若くして亡くなっている)。
さすがに朝廷も薄々感づき、四男の劉璋を益州に送り説得を試みるが、劉焉はそのまま劉璋を手元に留め置き中央に帰らせなかった。
しかし野望の報いか、朝廷に仕え続けていた長男・劉範と次男・劉誕が、政権を握った李カクと敵対し非業の戦死。
同時期に居城を落雷で失うという不運にも遭い、失意のうちに194年に死去。
有力者・趙韙が後ろ盾となった四男・劉璋が跡を継いだが、劉璋に益州の豪族たちをまとめ上げる器量はなく、
劉焉が益州に築き上げた地盤は、最終的に劉備による蜀漢建国と言う形で実を結ぶことになる。

演義では幽州太守として登場し、黄巾の乱で義勇兵として志願した劉備と出会っており、
これが後に劉備が劉璋を倒し蜀を手に入れる伏線とされている。