人物紹介 / 雷銅


雷銅

本作では蜀勢力に属する彼だが、実の所劉備軍として戦った期間は劉璋降伏から漢中攻略戦で曹洪軍に敗れ戦死するまでと結構短い。
演義でも概ねそんな感じだが、戦う相手が曹洪軍の副将だった張コウになっており、一度は撃退に成功する。
しかし敗戦の責を問われ曹洪に処刑されかかり、名誉挽回に燃え再び攻めて来た張コウに今度は敗れてしまい、戦死する。

大戦シリーズでは名前に"雷"が付くせいで、初代からずっと落雷計略持ちにされているSSQ被害者(?)の一人。
勿論史実や演義に雷に関する逸話はない。
雷様のような外見だった3以前に比べればそれなりに武将っぽくはなり、マシにはなったか…?

余談だが、一騎打ち時のセリフ「お前にゃ足りないものがある」、大勝利時「なによりも、速さが足りないんだよッ!」の元ネタは漫画・スクライドに登場するストレイト・クーガーであろう。
復活時「バンババ〜ン」もドリフターズの高木ブー扮する雷様繋がりなのかもしれない。
言うまでもないが、雷銅とは一切の関係がない。