人物紹介 / 孟獲


孟獲

現在で言う中国雲南省〜ミャンマー北部あたりに勢力圏を持っていた豪族。
演義では兄・孟節、弟・孟優、妻・祝融という親族が登場するが、正史にこれらの人物の名は見当たらない。

正史では諸葛亮によって七縱七禽されたことで心服し、蜀漢への忠誠を誓っている。
演義では実際に7回戦っているが、おそらくは心服するまで何度も戦い続けたという意味だろう。
異説としては、逆に孟獲が諸葛亮を7回捕らえたとされたり、
そもそもが他の部族を納得させるため、諸葛亮と仕組んだ八百長だったという話も存在する。

三国志大戦においては、旧版でもコストに対する能力は低いが特技復活を3つ持っており、
2では9秒、3でも12秒で復活という驚異的な回転力を発揮した。
(ちなみに超復活という独自の特技扱いになっている)
それを踏まえてか、今作でも将器の主効果が復活減少で固定されている。