人物紹介 / 馬謖


馬謖

泣斬馬謖(泣いて馬謖を斬る)』という故事で有名な武将。
三国志ファンからは、後述の失敗から揶揄の意味を込めて『登山家』と呼ばれる事も。

「馬氏の五常」と呼ばれた荊州の名門・馬氏の末弟で、すぐ上の兄が「白眉」と称えられた馬良である。
軍略に明るいことから諸葛亮からは高く評価されていたものの、劉備からの評価は低く、
劉備が死去する際には「馬謖は口先の男だから、重要任務を任せないように」と遺言されている。
その後、南蛮平定では的確な軍略を示し、諸葛亮ほか、周囲からも信用を得ていくが、
劉備の予言のとおり、彼の軽率な行動は、蜀軍を痛恨事に巻き込むことになる。

第一次北伐時、諸葛亮の巧みな情報戦と陽動行動により、魏の西領土を征圧しながら、蜀軍は長安に迫るが、
進軍の要衝、街亭を任された馬謖は、強引に高台に布陣した挙句、
麓を占拠されたのちに、包囲戦からの大敗北を喫してしまう。
結果、長安への進軍の要を失った蜀軍は、それまでの有利な攻勢から一転、
全軍撤退の憂き目にあってしまうのであった。

その後、諸葛亮は敗戦の責任を明らかにするために、
目をかけていた愛弟子を処刑し、私情を封じた事から『泣斬馬謖(泣いて馬謖を斬る)』の故事が生まれたといわれる。

以上のように、机上の兵法にばかり執着し、重要な戦いを敗戦に導いた人物として、
戦国時代における趙の将軍・趙括との類似性もよく語られている。

史書によっては、経験の浅い馬謖の戦術や、
それを知っていてなお、重要地を任せた諸葛亮の起用法を批判するものがある一方、
人材が豊かとはいえない蜀の陣営で、一度の敗戦からの再起の機会を与えず、若い将を処刑した事は、
結果として、蜀軍のいっそうの弱体化を招いたとして、諸葛亮の判断に反論するものもある。
もっとも、諸葛亮伝以外の正史を見る限りでは敗戦そのものが処刑理由ではないとも考えられる。
馬謖本人の伝によれば敗戦後に馬謖が投獄されたという記述があり、向朗伝ではさらに脱獄を企てたとされている。
つまり、敗戦の罪で処刑されたのではなく、脱獄の罪で処刑することになったということである。

演義では、南蛮征圧の後に曹叡が若いながらも魏の皇帝に立った時、
その際に諸葛亮に献策して司馬懿に謀反の意志があるという噂を流させ
司馬懿を一時左遷させるという謀略家の一面を見せるシーンが追加されている。
その後の彼の扱いは、大筋は正史と同様である。