人物紹介 / 董襲


董襲

孫策の代で仕えるとその武勇で活躍し、孫策が死ぬと呉夫人から孫権の後見を頼まれるほどの信頼を受けていた武将。
演義では厳白虎の首級を手土産に仕官し、重傷を負っていた周泰の治療のため、華佗と面識を持つ虞翻を紹介している。

濡須口の戦いでは水軍の指揮を任されており、暴風で船が転覆しそうになり部下が逃げるように勧めても、
将軍の任務を放棄できないとして拒否するという気骨を見せている。
しかしその気骨が災いして、本当に転覆してしまった船と運命を共にしてしまっている。

「濡須口の戦いで溺死した」という事実のみを取り上げられてカナヅチ扱いされることもあり、
『三國志曹操伝』で登場したときは泳げないことを周囲の将にツッコまれるという描写がある。