人物紹介 / 杜夫人


杜夫人

正史では関羽や曹操に振り回された挙句、前の旦那を張飛に殺されると言う波乱万丈な人生を送った女性。

元の夫である秦宜禄との間に生まれた子である秦朗は自身が曹操の側室になると曹操の養子となり、曹叡の代には驃騎将軍に任じられている。
また、曹操との間に生まれた娘が、秦朗と同じく曹操の養子となっていた何晏に嫁いでいる。