人物紹介 / 陳蘭


陳蘭

袁術配下の武将の一人。資料によっては「陳簡」とも書かれる。
雷薄ともども、袁術が仲王朝を建て皇帝を名乗った後に出奔し、灊山の山賊となる。

袁術が没落し自身らを頼りに来たときはこれを拒否。
孫策の死後に廬江太守・李術が揚州刺史・厳象を殺害し周辺が混乱状態になると、
雷緒(雷薄と同一人物説あり)と組んで長江流域で暴れまわる。

曹操が劉馥を合肥に派遣すると雷緒は降伏するがこの時共に降ったのかは不明。
ただし雷緒がその後劉備に降ったときにはこれに付き従ってはおらず、山賊として暴れていたようである。
孫権とも組んで韓当の救援を受けたりもしていたが、曹操軍に討伐され、張遼に討ち取られている。

Menu

最新の20件

2019-11-20

今日の20件

  • counter: 490
  • today: 3
  • yesterday: 2
  • online: 111