人物紹介 / 張瑛


張瑛

五斗米道の教祖・張魯の娘で名が明らかになっている人物。
馬超との結婚が取りやめになった後、父が曹操に降ると今度は曹宇との結婚を画策される。
しかし馬超を慕っていたらしく馬超が嫌う曹家一門と結婚することを良しとせず、生涯独身を貫いたという。