人物紹介 / 張姜子


張姜子

道教の経典の一つ『真誥』に記述のある張済の妹。
つまり張繍から見て実の叔母に当たる。

李惠姑(夏侯玄の妻)、施淑女(朱然の孫娘)、鄭天生(鄧芝の母)と並んで名が挙げられており、
この4人は仁愛に満ちた行いを賞され、仙丹を授けられ女仙になったと記載されている。