人物紹介 / 張虎


張虎

張遼の子。史実では父の跡を継ぎ偏将軍に任じられたという記述のみが残る。
演義では楽進の子・楽綝と共に北伐でしばしば登場するが、出るたびに蜀軍に敗れるというやられ役の扱いである。
酷いときには捕らえられた後で裸にされ墨を塗られてから返されるという屈辱的な扱いまでされている。

ちなみに、元は江夏を拠点とする賊で劉表の配下になったという同名の人物が存在する。