人物紹介 / 丁奉


丁奉

孫権の代から呉に仕え、孫皓の代まで仕え続けた宿将。
若手時代は甘寧、陸遜、潘璋といった武将の下で戦い、孫亮の代に正式な将軍に昇格している。
一介の若き武官だった頃の記録が乏しいため、いつ頃から孫権に仕えていたかははっきりしないが、
演義では赤壁の時点で周瑜の部下として登場している。
赤壁は208年、丁奉の没年は271年であるため、これが事実なら60年を超える戦歴を誇ることになる。

最終的には大将軍まで上り詰めたのだが、昇格するごとに傲慢な態度が目立つようになり、
死後に遺族が左遷されるという憂き目に遭っている。