人物紹介 / 曹休


曹休

曹操の甥に当たるが、曹操と血の繋がりはない。
幼くして父を失うと祖父を頼って呉軍に移るが、曹操挙兵の報を聞くと曹操のもとに馳せ参じる。
「この子はわが家の千里の駒だ」と曹操に褒められると、曹丕らと共に実子同然に育てられる。

幼くして父を亡くしたこと、曹操によって実子同然に可愛がられたことは曹真と似た経歴といえるが、
曹操直属の精鋭部隊・虎豹騎を共に指揮するなど、軍歴も似通っている。
曹丕の代になると征東大将軍に任じられ、対孫呉の戦いで軍功を上げていくのだが、
石亭の戦いでは周魴の偽投降を信じるあまりに賈逵の諫言も無視して深入りし、大敗を喫してしまう。
賈逵の救援により辛くも脱出はできたのだが、敗戦のショックで腫瘍を患い程なく死去してしまう。

原因は不明だが賈逵のことを大層嫌っていたようで、
曹丕が賈逵を取り立てようとすると「あいつは性格が悪い」と讒言して撤回させたり、
石亭の敗戦時に賈逵らに命を救われておきながら「お前の援軍が遅いから負けた」と文句をつけたりしている。
演義では賈逵に対し、諫言を聞き入れなかったことを謝り救援に感謝する描写があり、
正史より演義の方がまともな人格に描かれているという魏将では非常に珍しい人物である。