人物紹介 / 審配


審配

袁紹に仕えた幕僚。
官渡では参謀の一人として登場するが、郭図・逢紀を支持し田豊・沮授の持久策に反対。
また官渡の戦いの少し前に許攸の家族を逮捕して恨みを買い、許攸の出奔とそれによる烏巣陥落の一因を作っている。
人間関係にも大いに問題を抱えており、特に逢紀とは犬猿の仲。
官渡敗戦の折に息子を捕らえられると、他の群臣に「審配は裏切る」と讒言される中、逢紀には弁護してもらい、
それをきっかけに逢紀と和解するのだがその後再び決裂してしまっている。
讒言した辛評の家族を独断で処刑してしまうなど、大義を軽んじ私情に走る逸話は他にも残されており、
荀彧からは「独善的で無策な人物」と酷評されていたという。

また袁尚を支持したのも、袁譚が後を継ぐと辛評に殺されるのではという不安からで、当初は袁尚に対する忠義ではない。
が、袁尚配下の守将としては意外な実力を見せ、曹操の調略や部下の内通を次々と看破
曹操は長期戦に切り替えて包囲・水攻めを行い、最終的には曹操の軍勢に恐れをなした袁尚に見捨てられる形で陥落。
それでも最期は袁尚への忠義を貫き、曹操の降伏勧告を徹底的に拒絶。
結局処刑されることになるのだが、執行を急ごうとする兵士を「我が君は北におわす」と怒鳴りつけ、北を向いてから改めて斬られたという。

裴松之からは「烈士にして袁家の忠臣」と評され、これを受けてか演義でも防戦から最期までの下りは鮮明に描かれており、
各種創作やファンの評価も、同じ官渡の戦犯とされる郭図・逢紀よりはその分だけマシな事が多い。
最終的には袁家群臣の例に漏れぬかませ犬の一人であり、有能と一概に言いきれぬ点も多いのだが、脇役としては強烈な存在感を放つ人物である。

三国志大戦においては、旧版2における群雄伝・袁紹伝で袁紹から
審配、心配するな」というしょうもないダジャレのネタにされたイベントが知られている。