人物紹介 / 小喬


小喬

演義では喬公の娘。姉の大喬が孫策に娶られるのと同時に周瑜に嫁いだ。
正史の記述はごく短く、孫策らが皖城を攻めた時に橋公の美しい二女を得たというのみ。
その時孫策が「橋公の娘たちは故郷を離れることになるとはいえ、われらを婿にできたのだから幸福者だろう」と周瑜に語ったことが『江表伝』に残る。

演義の曹操が二喬を欲したことで有名。
作中、その動機は過去に喬公から家族の面倒を看てほしいと頼まれたことが根拠になった。
史書には橋玄が曹操にそういった話を持ちかけるくだりがあり、遠回しに二喬は橋玄の娘だと匂わせている。
ところが橋玄は曹操とは親子、下手をすれば祖父と孫くらいの年齢差がある。
その娘とくればかなりの熟女であり、曹操の子と同世代な孫策たちとはあまりに歳が離れてしまう。
そのため二喬の父を喬玄(橋玄)とするのはあくまで演義の設定をモチーフにした創作と見るのが適切。