人物紹介 / 徐夫人


徐夫人

孫権の正室のひとり。また、母親の身分が低かった孫登の養母にもなっている。
祖母が孫堅の妹であり、孫権とは叔姪婚の関係にある。

嫉妬深い性格だという理由から、孫権の本拠地を建業に移した際に廃された。
さらに、孫権が帝位に就いた際も諸将が皇后に立てよと進言しても孫権に却下されていた。
(その代わりに、孫権は自身が寵愛する歩夫人を皇后に立てようとしていた)
もっとも、養子となっていた孫登には敬愛されていたようである。

史書では一方的に徐夫人に問題があるふうに書かれるが、実は悲哀の人。
もともと廬江太守陸康の孫の陸尚に嫁いだのだが、陸康は過去に孫策と敵対していた。
この戦いによって陸康が病死し、陸一族の半数も死に絶えたという。いわば孫家のせいで没落しかけた家系である。
陸尚が早世したのも孫家に原因があった可能性は高く、夫の仇に値する孫権と親しくなれるはずもない。
にも関わらず結婚を果たした理由は、陸家が過去を水に流して孫権に仕えたことと、将軍を輩出する徐家の後ろ盾を孫権が欲したためだと思われる。ようは政略結婚。
孫権としても戦力や権勢目的で正室にすえた女性を愛する情けはなかったようで、盤石な権力を握ったあとは離縁した。そのあたりの孫権の冷酷さは、徐夫人を正室にするために最初の正室の謝夫人を側妾に格下げしようとした経緯にも見てとれる。
徐夫人は身勝手な男に翻弄され、史書でも男の都合を女の責任へと転嫁された。決して幸福ではない生涯だろうが、孫権の妻でなくなったあとも孫登に慕われた一点は彼女の救いだったろう。

なお孫翊の妻も徐氏と言い、若くして殺害された夫の仇討ちを果たしたほどの女傑だが、当然ながら本作の徐夫人とは全くの別人である。
三国志大戦過去作にはこちらの徐氏が徐夫人名義で登場していたため、一部のプレイヤーにとっては大変紛らわしい。