人物紹介 / 徐晃


徐晃

曹操からはその武勇を孫武に喩えられた名将。

元は黄巾賊上がりで李傕軍の武将から独立勢力となった楊奉の配下であった。
李傕と郭汜による主導権争いに乗じて献帝が献帝が長安を脱出すると楊奉に献帝の護衛をするよう進言して容れられる。
ただし洛陽に着いてから董承と対立し、これに曹操が介入した際曹操に降ることを進言したときには却下されてしまい、
楊奉が曹操に討伐された後に曹操軍に降っている。
(演義では、顔見知りであった満寵の「良禽は木を選ぶ」という説得に応じて曹操に帰順している)

関羽は同郷の出身であり旧知の仲だったという。
そのため荊州の戦いでは交戦前に親しく会話していたが、いざ戦いとなると態度を切り替えて関羽軍への攻撃指示を出している。
この件で「関羽にとどめを刺した男」の一人と見做され蜀ファンの反感を買ったのか、
演義では孟達の反乱で射殺されるという冴えない最期を描かれている。