人物紹介 / 諸葛均


諸葛均

諸葛瑾、諸葛亮の弟で、戦乱を避け荊州に移り住んだ次兄に付き従い、隆中に同居していた。

演義ではいわゆる「三顧の礼」で劉備が二度目に諸葛亮の庵を訪れた際、代わりに応対して諸葛亮に間違えられる、
という一幕に登場するのみで、兄とともに劉備に仕えたという記述はない。

正史、演義ともに記述が少ないため二人の兄に比べると影の薄い存在ではあるが、
清代に書かれた『諸葛忠武侯文集』によると、諸葛望という子がいたとされる。